« TOYO草薙のチャランゴ | トップページ | 動機と息切れ »

チャランゴ・インプロヴィゼーション

Charango improvisation = チャランゴの即興演奏。

今日は、第3回チャランゴの集いの動画の中から、
海兎の演奏する「pareidolia」を紹介します。
この曲はフレーズを反復し、即興的に展開していきます。

これまで開催されたチャランゴライブにおいて
ソロパートでの即興(的)演奏はよく見られましたが、
今回のような曲全体を通して展開していく試みは初めてではないでしょうか。
チャランゴ、ギター、エレキベース、タブラという編成も珍しい。

追加しました。(08/06/14)
海兎 "賽の七の目"

 
チャランゴ奏者・鈴木龍(Liu Suzuki)
04年にボリビアの「アイキレ・チャランゴフェスティバル」に出場したことを
きっかけの1つとしてチャランゴ演奏に力を入れることになる。
07年にはボリビアで開催された「第6回国際チャランゴフェスティバル」に参加。
いくつかのグループや様々な演奏家との競演を通じて、
幅広くジャンルに囚われない混沌とした活動を模索している。
(チャランゴの集いパンフレットより)


参考:
インプロヴィゼーションについて詳しい本を紹介します。
フリーインプロヴィゼーションのギター奏者である著者が、
世界中のさまざまな音楽の即興奏者と対談したものです。
僕はこれを読んで、インドに行きたくなりました。

インプロヴィゼーション―即興演奏の彼方へ インプロヴィゼーション―即興演奏の彼方へ

著者:デレク ベイリー
販売元:工作舎

|

« TOYO草薙のチャランゴ | トップページ | 動機と息切れ »

コメント

カレードリア?

投稿: 俺 | 2008年5月23日 11時46分

>俺様
そういう展開の仕方もありかもしれませんね。

投稿: kawa | 2008年5月23日 22時32分

コードに終止感を与えないで堪えるのが
なんかすごいなー。作曲してるとついつい
終わらせたくなってしまうけどね。

フレーズの前半には強力なコードの流れが
あるのに、意識的にそれを打ち消したり。
音を遊んでる感じだね。

ふつうの単調じゃないよね、多分。

投稿: ふじわら | 2008年5月24日 10時50分

単調→短調ね

投稿: ふじわら | 2008年5月24日 18時31分

>ふじわらどん
カレードリア?
じゃなくて、なるほど。
でも音楽は理論じゃないんだよって
言ってたよ。バルトーク辺りが。

投稿: kawa | 2008年5月24日 21時35分

それは理論を踏まえたうえでの
先人の尊い意見だと思うよ。

自分なりにいろんなこと勉強してみて
大事なのは感覚だけど、その感覚を
渋くしてくれるのが理論だと思う。

投稿: ふじわら | 2008年5月24日 22時09分

>ふじわらどん
そうだね。

でも感覚が先で、それに追いついて行くのが
理論なんだと思う。

ところでこの演奏はどこまで意図されたものなのだろうか?

投稿: kawa | 2008年5月24日 22時29分

たぶん、説明するのに理論が必要なんだ
ろうね。

どこまで意図してるか?それは
本人に聞くほうが早いと思うよ(w

僕は、感覚的にも知識的にも様々なことを
勉強し体得してる人なんだと思う。
だから感覚的にその経験や知識を活かした
即興演奏が出来るんじゃない?

他のジャンルのミュージシャンは見せこそ
しないけど、音楽のいろんなことを知ってると
思うよ。日本のフォルクローレでそういう
ヒトもじきに出てくると思う。誰かが
出てくれれば、もっと幅が広まるのにね。
もうでてきてるかも知れない。
そんならごめんなさい。


http://www16.ocn.ne.jp/~jbigin/history/mode.htm
↑前にも書いたけど、即興の源泉は
感覚だけど、こういうのを知ることでより
いぶし銀になるんだと思う。

三木山いってきます。
だからもうあんまり攻めないで(w

投稿: ふじわら | 2008年5月25日 07時53分

>ふじわらどん
あい。何だかすいませんでした。
サイト、勉強になります。

投稿: kawa | 2008年5月25日 17時40分

今度、ボリビアのフォルクロレのチャランゴコンサートとコンクールがあります、ボリビア人の一番有名な人エルネスト・カブールというプロのちゃランギストです。是非皆さん招待します!
私は、大ファンです!とても好きです!
日本人の参加者は巧みに演奏すると思っています。


会場:カメリアホール(カメリアプラザ)東京都、江東区、亀戸2-19-1
時間:12:00 - 3:00
チケットの前売:¥3500 当日:¥4000

投稿: 井上 さよこ | 2009年8月 5日 17時05分

http://cclajapon.googlepages.com/ernestocavourconcertintokyo

投稿: 井上 さよこ | 2009年8月 5日 17時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チャランゴ・インプロヴィゼーション:

« TOYO草薙のチャランゴ | トップページ | 動機と息切れ »