« チャランゴ・インプロヴィゼーション | トップページ | 8年前のチャット »

動機と息切れ

僕は日本でチャランゴが有名になるといいと思っている。
その理由は2つだ。

1つ目は「僕の好きな楽器について話すことが出来る人が増えて欲しい」ということ。
音楽仲間がもっと身近に一定数いたら楽しそうだなと思う。

2つ目は「もっとすごい演奏がみたい」ということ。
チャランゴがメジャーになれば、もっと凄いプレイヤーが出てくるはずだ。
現在でも、凄い奏者は結構いる。だけど、もっと凄いものが見たい。
常識を覆すような天才に現れていただきたい。
それが日本人だったらなお嬉しい。

補足:統計学的に考えると、全体の数が多いほど天才の数も多いと考えられるが、
実際はそうでもないらしい。人口の少ない国から多くの天才が現れたことがある。
でもチャランゴで考えるとまだ全体が少なすぎるよなぁ。

そんなわけで今回、チャランゴの集いに便乗し、演奏者に許可をいただいて
動画をyoutubeにしこしことアップしてるわけです。
ちょっと面倒臭い作業だけど、1度上げてしまえば、
誰でもどこからでも何時でも何度でも見ることが出来るのです。
これを直接見るか、もしくは見て影響を受けた人に接するか、
どちらでもいいので、10年、20年後にはチャランゴがある程度有名になっていて、
物凄い天才が現れていて欲しい。

一番の功労者である演奏者の方々に感謝。
出来れば僕も演奏者側でありたいんだけど、時間なさすぎだー。ハァ。

追記の補足:
いまの演奏者のラインナップでも僕は充分に心が満たされます。
すごい才能だと思います。もっと世間に知られるべきだと思います。
僕がここで言っている「天才」とはいわば破壊者のようなものだとご理解ください。
新しい奏法を生み出したり、リズムの枠組みを壊してしまうような。

R0010058m

|

« チャランゴ・インプロヴィゼーション | トップページ | 8年前のチャット »

コメント

アーティストも、売込みがあってのものだから
誰かが世間に動画やレビューを投げかけるのは
大事なことだと思うよ。

確かに、kawaさんほどのプレーヤの演奏が
聞けないのは非常に残念なことです。
僕が学生の頃感じたところによると、
kawaさんやHさかさんはチャランゴってもっと
できるんだよ、というのを学生の中から
感じることができる人でした。

投稿: ふじわら | 2008年5月24日 18時35分

ぜひ、白いあなぐらさんの演奏も聴いてみたいです。
うちは、charangoどころかフォルクローレ自体、マイナーなイメージが漂っている田舎です。こちらのブログでYouTubeの動画を教えてもらったときは感動していろんな方の演奏を見せていただきました。(感謝です!)私は、うちの地域でもフォルクローレの交流会ができたらいいな、なんて思ってます。

投稿: 草野乃局 | 2008年5月24日 18時36分

>ふじわらどん
最近の学生さんの演奏は知らないけど、
もっとレベルが上がってるんじゃないかな。
上がってるといいな。

僕はプレイヤーとしては、まぁまぁの腕前。
代わりなんていくらでもいるよ。
だから弾きたい時に弾きたいものをやるのだ。
いまは忙しくて何も出来ないし、限られた時間を潰して
やりたいとも実はあまり思っていないけれど。

>草野乃局さん
僕も田舎暮らしです。
東京でもフォルクローレはマイナーなイメージが漂っていると思います。
Youtubeを使えばどこからでも発信出来るのがすごいですよね。
ネットにあると、少しメジャーに感じることが出来る(かもしれない)。
音楽で色んな繋がりが広まるのは面白いことですよね。

投稿: kawa | 2008年5月24日 21時42分

あ、僕の演奏もYoutubeにありますよ。
グループもので、チャランゴ検索で出てきます。
でも、これ!とはいいませんよ。

あと、ソロものだと、
http://siroianagura.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/mp3_8f9b.html
出番前に体を動かし過ぎてしまい、
緊張しなかったものの、大興奮してしまいした。
昨日のテレビによると、踏み台昇降運動位が、
緊張をしないためにはいいみたいです。

投稿: kawa | 2008年5月24日 21時46分

kawaさん、演奏聴かせていただきました。
かっこいい~っ!
その次のストロークも聞きました。
kawaさんみたいな人が近くにいたら良いのになぁ、なんて思いました。

ありがとうございます。

投稿: 草野乃局 | 2008年5月25日 19時49分

>草野乃局さん
近くにいても、あまり役に立たないかもしれません。(笑)
演奏は、かっこよさを狙いすぎていやみになっている感があり、
僕は少し反省しています。

投稿: kawa | 2008年5月25日 23時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 動機と息切れ:

« チャランゴ・インプロヴィゼーション | トップページ | 8年前のチャット »