« ボンボは肩にかけようぜ | トップページ | 伝説のTAKUYA&YOSHIOの愛? »

軽井沢にて結婚式演奏など

休日は朝から軽井沢に行き、友人の結婚式にて演奏をした。

Img_0039

演奏をするのは去年の5月のこれまた友人の結婚式以来である。
だいぶブランクが出来てしまった。
なぜこれほど僕がチャランゴ演奏から離れていたかというと、
仕事が忙しかったせいもあるが、2年前に祖父が亡くなったことが大きいと思う。
あれ以来、僕は時間に焦っていて、演奏することを考えることが出来なかった。
演奏会に出るという気がしなくなり、楽器に触る時間が圧倒的に減った。
代わりに別の活動としてメルマガを立ち上げたり、YouTubeを使ったりしてみた。
資格試験の勉強をしたり、カメラを買ってみたりした。
最近になって少し気分も変わってきたのだけれどそれについては
また今度書こうと思っている。

Img_0227

さて、結婚した友人は大学時代の演奏仲間であった。
大学は別で学年も違うのだけれどとてもよく演奏した仲である。
今回の演奏メンバーは僕がよく一緒にやっていた人たちに、
初めましての人が数人混じる構成だった。
旧友の演奏は相変わらずで、進歩がないというわけではないが、
演奏は個人が固有に持つ感覚から生まれているもので、
根本は変わらないのかもしれないという思いがした。
新しく一緒に演奏した人と合わせた感覚はやはり新鮮で、それは楽しい思いがした。
式での演奏は、この音楽を知らない人が多く聴く場で、とても楽しかった。
新郎新婦に心からのおめでとうを伝えた。

夜は長く、4次会も開かれた。
Img_0458
軽井沢のペンションで倒れる友人の図。

 

翌朝、小諸に寄った。
僕の高校のイベントで、甲府から小諸までの105キロを歩くというものがあり、
それ以来10年ぶりにこの地に立ったことになる。
小諸駅は記憶の中のそれよりも遥かに小さく、寂れていた。
信州そばをいただく。

Img_0463

105キロもよく歩いたものだと回想する。
昼の2時半に出発し、昼の11時半に到着したので22時間ばかり歩いたのだった。
これほど長い距離を歩くコツは、休まないことだ。
途中に設けられた休憩所で座ってはいけない。
仮に座るとしても、筋肉を癒す薬を塗るか小荷物を確認するか位にして
すぐに立ち上がるべきだ。
10分も休んでしまうと乳酸が発生するのか、立ち上がれなくなってしまうのだ。
すぐに立ち上がり歩き出そう。
歩くことに慣れた体は、そのまま歩き続けてくれる。

|

« ボンボは肩にかけようぜ | トップページ | 伝説のTAKUYA&YOSHIOの愛? »

コメント

蕎麦を食べれなかったことが悔やまれる。

投稿: ベックマン | 2009年8月 4日 21時17分

そうだねえ美味しかったよ。
しかし他に蕎麦食べた人いなかったかも。
単独行動だったので。

投稿: kawa | 2009年8月 5日 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 軽井沢にて結婚式演奏など:

« ボンボは肩にかけようぜ | トップページ | 伝説のTAKUYA&YOSHIOの愛? »