« スーパーピアノレッスンが面白い | トップページ | 忘年会 »

さらなる田舎に移り住む

Img_1546tokai
都会・恵比寿の風景

大月という所に引っ越した。
新宿まで特急で1時間と、都心への時間はこれまでの半分になったが、
時間に反して「田舎度」は倍増した。
とにかく、店が少ない。近所にダイエーがあるだけだ。(ダイエーはすばらしい)
周囲の山肌は迫ってきており、今にも猿が出てきそうだ。(隣駅は「猿橋」という)
タクシーに乗ったら運転手さんが山林地域の過疎化を叫び、
あなたのような若者が移り住むのは珍しいと説いてくださった。

ここら辺りの風景を文字で表すとこうなる。

山山山山山山山山山山山山山山山山山山山山山山
道道道道道道道道道道道道道道道道道道道道道道
山山山山山山山山山山山山山山山山山山山山山山

山の間に道を作り、人々が生活をしている。

生活に必要な品々は徒歩だけではとうてい買い揃えられず、
テレビ・掃除機・乾燥機など多くのものをネットで買った。
一応、中央線が近く、e-mobileはよく入る。
特に田舎ではネットがあるのとないのとでは大違いだと実感する。

それでもさすがに生活の不便を悟り、車の購入を決めた。
電車と徒歩で行ける距離の販売所をネットで探し、実際に行ってみた。
お店にはおじさん1人しかおらず、広い室内に10台ほどの車が展示されていた。
おじさんはにこやかで方言を話し、グーグルなみのオープン・マインドの持ち主だった。
聞けば何でも答えてくれる。聞いてもいない仕入れ原価のことなども教えてくれる。
広い室内に暖房器具は石油ストーブだけで、上にでかいヤカンが乗っていた。
おじさんはヤカンの取っ手を握ったり離したりしながら、愉快そうに車について語る。

専門業者のみが参加可能という中古車オークションで車を競り落としてもらうことにした。
その結果、ホンダのフィットを安く手に入れられそうだ。
後部座席にスタッドレスタイヤが入ってたということで
車検やタイヤなどすべて込みで59万円とのこと。
CDプレイヤーがなく、シートに少しの擦り傷が見えるが、運転には差し支えなかろう。
年内には乗り始められるだろう。行動範囲が広がりそうだ。

(12月上旬記す)

|

« スーパーピアノレッスンが面白い | トップページ | 忘年会 »

コメント

「住めば都」とは良く言ったもので、人間便利さにも不便さにもすぐに慣れるものだと思うよ。

田舎だと車が無いと行動できないからね。

大月って冬は寒い?こちらは連日零下の日が続きます。

良いお年をお迎え下さい。

投稿: Bigmouth | 2009年12月28日 05時59分

>bigmouth氏
コメントありがとう。
まさにその通り、もう慣れたよ。

大月は最低気温が零下5度くらい。
ブログを読むに、たぶんセントルイスの方が寒いと思うよ。


よいお年を!

投稿: kawa | 2009年12月29日 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さらなる田舎に移り住む:

« スーパーピアノレッスンが面白い | トップページ | 忘年会 »