« カルカスを観に立川へ | トップページ | Oscar Miranda のチャランゴ »

エグゼキュージョン・ケーパビリティが炸裂した!

プロフェッショナル コンサルティングという本を読みました。
この本はプロのコンサルタント2人の対談本です。
もー、すごかった。

プロフェッショナルコンサルティングプロフェッショナルコンサルティング


著者:波頭 亮,冨山 和彦

販売元:東洋経済新報社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

まず、序章から聞いたことのないカタカナの連続攻撃。
僕の勉強が足りないため知らないだけなのかもしれない。
みなさん、以下の言葉を聞いて一発で理解出来ますか。

「今はむしろ、組織の実行力が戦略の自由度を規定する。
つまりエグゼキュージョン・ケーパビリティのレンジが
経営戦略のあり方を決めるという事になる。」

序章はこんな感じです。
脇に注釈がたくさん付いていますが、それでも知らない単語がありました。
僕はiPhoneの辞書アプリを調べながら読み進めましたよ。
はー。えらい本を読み始めてしまったなーと思いました。

でも、難しい単語に戸惑ったのは序盤だけでした。

最初はちょっと取っ付きにくかったですが、
この本、とても面白いです。
戦略コンサルの世界を生き抜いてきた2人のプロフェッショナルが
プロの技について語りまくるというような本でした。
リアルな現場の話が聞ける、大変面白い本になっていると思います。
僕は昔から戦略コンサルに興味があったのですが、すごく刺激されました。
「カネボウ再生の決め手はたった1行のソリューション」なんですって。
面白いですねー。その答えはここには書かないでおきますけど。

ちなみに僕は転職で某コンサル会社受けて、落ちてます。
でも、受かっていたら、生き残れなかったでしょうね。
戦略コンサルをやるということは怖いことだと改めて思いました。

コンサルにはなれないけれど、論理力は鍛えたいわーと、
次に買ったのはこの本。
昨日頼んでもう手元にある。Amazonえらい。


論理トレーニング101題Book論理トレーニング101題


著者:野矢 茂樹

販売元:産業図書
Amazon.co.jpで詳細を確認する


|

« カルカスを観に立川へ | トップページ | Oscar Miranda のチャランゴ »

コメント

エグゼキューションなのかエクスキューションなのか、そっちが気になる。

投稿: 俺 | 2011年6月10日 08時21分

>俺様
確かに。それは気になります。(笑)

投稿: kawa | 2011年6月10日 21時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エグゼキュージョン・ケーパビリティが炸裂した!:

« カルカスを観に立川へ | トップページ | Oscar Miranda のチャランゴ »