« 七夕コンサートへ行く | トップページ | エレキチャランゴの音サンプル »

夏の京都へいく

Img_2438


熱い夏に京都へ行くのはマゾだとネットに書いてあったが
僕は迷わず京都に行った。
特に何を見たいとかどこに行きたいとか、そういうことは全くなかった。
連休が取れたらインドに行きたかったのだけれど、休めることが確実だと分かった時には
インド行きのチケットを取るには遅すぎたのだ。
ヨーロッパやアメリカに行くには少し遠い。
かと言って、比較的に近い韓国や中国に何があるか全く知らない。
では気軽に行けそうな場所へ行こう。そうだ、京都は面白いのではないか。
さっぱり、すっぱりと決まった。たぶん10秒くらいで決めたと思う。

真昼間の品川から新幹線に乗り、JTBで貰ったパンフレットをチラ見する。
何が書いてあるかよく分からなかったが、体験コースの紹介のようなことが書いてあった。
商売の臭がする。この料金の何%がJTBへ行くのだろうか?
いや、JTBはこれを配っているわけだから、広告になるな。広告料を既に取っているのかも。
広告料としてはいくらが妥当なのかなー。
と、瞬時にそういう頭になってしまうことに気づき、ため息をつく。
どうも自分はそういう気分で京都へ行くわけではないなーと思った。
一体、何をしに行くのだろうか?
京都に住んでいる友達のことを思い出して、メールをしてみる。
今から京都行くんだけど、暇?
返事は来ない。

全く何の決心もないまま、新幹線は京都に着いた。
きょーとーきょーとです。
新幹線のホームから街を見渡すと、ホテルxxx円という看板が目についた。
おー、駅前にしては安いな、と思った。
でもすぐに、そんなことはどうでもいいのだと思う。
出来るだけ何も考えず、頭の癖をリセットするような旅にしたいなとなんとなく考える。

駅構内の書店で京都の観光ガイドブックを購入し、
駅から歩いていけそうだという理由で、三十三間堂に行くことにした。
京都の街は道がまっすぐで、外国人がウロウロしていて、そして大変に暑かった。
僕はリュックサックを背負い、事前にUNIQLOで買った、
「CHILE」とプリントされた帽子を被り、暑い暑い道をただただ真っ直ぐに歩いた。
あ、1回だけ右折もした。
吐く息も暑く感じられるようになったころ、ようやく三十三間堂に着いた。
すでに背中が汗でべちゃべちゃになっていた。

しばらく京都旅行の内容が続きます。たぶん。
不定期かもしれません。あ、これで終わりということも。。


|

« 七夕コンサートへ行く | トップページ | エレキチャランゴの音サンプル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の京都へいく:

« 七夕コンサートへ行く | トップページ | エレキチャランゴの音サンプル »