« 夏の京都へいく その2 | トップページ | 深い井戸を掘るということ »

通夜

とても得難い友人をなくしてしまったのだと思った。
ようやく実感を得たのは、ご焼香の時で、彼女の旦那の姿を観た時だった。

コンサートを見に行ったり、旦那も交えて一緒に演奏したり。
一緒にチャランゴを習いに行ったこともあったっけ。

帰りの電車で、数年前からの彼女とのメールを見返し、不在の意味を知る。

どうか、安らかにお休みください。
でも、ちょっと早すぎるよ。

|

« 夏の京都へいく その2 | トップページ | 深い井戸を掘るということ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通夜:

« 夏の京都へいく その2 | トップページ | 深い井戸を掘るということ »