« データで見る日本のフォルクローレ業界の一端 | トップページ | 「第6回チャランゴの集い」のお知らせ »

[謝罪文]データでフォルクローレ業界を見たら、社会が見えました

kawaです。
先日公開しました、僕のYouTubeのアクセス解析はとても沢山の方に見て頂きました。
ありがとうございました。
データで見る日本のフォルクローレ業界の一端: 白いあなぐら

最初に、僕は謝らなければなりません。
僕は、45歳以上の人を広く疑うような発言をしてしまいましたが、それは殆ど間違っていました。
データをもう少し詳しく見るべきでした。すいませんでした。

以下、ご説明させて頂きます。

付けられた低評価はどんなものだったのか。
僕は期間を指定して調べることにしました。
期間を昨年(2011年)に絞ったところ、ある特徴が浮かび上がりました。
その結果が以下の図です。
Photo

この図から、分かることは以下の2つです。
  • 日本で付けられた全346件の低評価のうち、327件が2011年に付けられた。
  • 低評価はある特定の日に集中している。

  • 中でも、2011年7月30日には、何と125件もの低評価が付けられていました。
    明らかに異常です。

    今度は、その日だけを抜き出してみましょう。
    _

    動画のタイトルをぼかしていますので、少し分かりにくいかもしれませんが、
    各動画ごと、低評価数はきれいに4つずつ付けられています。
    これって、不自然ですよね。

    この図から、以下のことが考えられます。
    1.ある4人が共謀し、せっせと低評価を付けた。
    2.ある1人がアカウントを4つ作り、それぞれのアカウントでがんばって1つずつ低評価を付けた。
    3.あるいは2人か3人でそんな感じでやった。

    これは推測に過ぎません。しかし、データは明らかに不自然で、

    「低評価を増やしたのは悪意を持った少数の人だった」

    と断定していいでしょう。
    (いや、「悪意」ではなく、ある種の「正義感」や「義務感」なのかも…。)

    これは世間でよく見られる

    「少数の声が大きい人が騒いでいる」

    という状況ですね。
    ノイジーマイノリティ - Google 検索

    この結果を見て僕は
    「なーんだ、ごく一部の人が主張を大きく見せようと頑張ってただけなんだな」と安心し、
    その一方で、「声の大きい人は、涙ぐましい努力をしているのだな…。」とも思いました。
    こういう事って、社会の色々な所に起きていることですよね。
    勉強させて頂きました。

    最後に、今回の件について、オールドファンの方々にはご迷惑をお掛けしました。
    大変申し訳ございませんでした。以後、気をつけます。

    [関連]低評価を付けている人を特定出来るのか【YouTube】: 白いあなぐら

    [追記]
    あ、ちなみにこの人は45歳から54歳の人です。これは確実です。
    詳細分かり次第、またご報告致します。

    おまけとして、2番目に低評価が多かった日の解析を載せます。
    これも単独ですね。ありがとうございました。Photo_3

    |

    « データで見る日本のフォルクローレ業界の一端 | トップページ | 「第6回チャランゴの集い」のお知らせ »

    コメント

    いやいやなかなかここまで解析できないですよ、すごいです!
    それにしてもほんとに涙ぐましいですね。
    別に全く同意も同情もしないですけども。
    ノイジー・マイノリティ、覚えておきます。

    投稿: 椅子 | 2012年4月21日 00時03分

    時々覗かしていただいてますが、初コメント(?)失礼します。
    ノイジー・マイノリティというのですか〜面白いですね。この前の分析も面白く読ませていただきました。

    ウチでアップしてるアウトクトナ関係動画、「低評価」もちろん必ずあります(これがいつもだいたい同じ数字・笑)が、それより時々スペイン語による汚い言葉のコメントに悩まされます。一時期は日本に住むボリビア人と、その友人でスペインなどに住む人達による「話に聞いて見に来たんだけど本当に酷いわね」的な集中攻撃も。(今は落ち着いたもよう)。
    まあ、汚い言葉のやりとりの末には、必ず「いいじゃないか。日本人がやってることなんだし。」といさめる人がいたりして面白いです。なんかどこにでもそういう人がいるもんだな〜と。

    おおむねペルーに住むペルー人、ボリビアに住むボリビア人、のコメントは温かいです。「遠い日本に我々の文化を真似る人がいるねえ〜面白いねえ〜」みたいな、おおらかな気持ちで見てくれているようです。
    ヨーロッパあたりに住む、同じように「マニア」な人達が、とくに何かとうるさい感じがします。

    それらを今度からkawaさんに習って「嫉妬」と呼ぶことにします。(駄目?)

    投稿: satoko03 | 2012年4月21日 01時48分

    ひょっとして当事者?のYOSHIOです。
    (つけられている、という意味ですが)

    いやあ、これすごいですね。
    2011年震災後のさみしい文化状況の一資料として屈指のものかと思います。

    …こちらもさみしい演奏者として頑張りますが、kawa様に敬意を表します。
    今度一緒に低評価くらいませう。(ニヤニヤ)

    投稿: YOSHIO | 2012年4月21日 13時07分

    >椅子さん
    なんていうか、相手が正直者だったから分かったような感じですね。
    これだけの根性を持っている人ですから、もっと評価されていいかもと思いました。
    何で評価すればいいのかわかりませんが。

    >satoko03さん
    ありがとうございます。
    そうですかー、僕のところにはコメントしてくれる人があまりいないので、
    その辺りが全くつかめないでいます。
    「日本に住むボリビア人」という所まで分かっているのですね、それは個人がほぼ特定出来ている
    のではないでしょうか。それは珍しい例かもしれません。
    刺激的な発言は目につきますが、実はそれは少数であまり気にしなくてもいいかもと思いました。
    偽装の可能性がある限りは、数字も疑ってかかるべきところですね。

    あと、「嫉妬」はどんどん認定して良いと思います。
    僕の場合、自分が落ち着くためだけに運用しています。低評価があまり気にならなくなりました。

    投稿: kawa | 2012年4月21日 13時18分

    >YOSHIO様
    今回の4つの人は、ほんと色んな動画に付けていまして、チャランゴ演奏系ですとか
    その他まーいろいろな動画に丁寧に付けていただいています。
    すごいデータが押さえられて、良かったです。
    今後は僕も低評価業界にデビューして行く予定なのでよろしくお願いいたします。
    どうすればノイジーマイノリティの興味を引くことが出来るかなーと。
    やっぱりドヤ顔で演奏すれば良いのかなと思います。ドヤ顔の練習をがんばります。

    投稿: kawa | 2012年4月21日 13時35分

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)


    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



    « データで見る日本のフォルクローレ業界の一端 | トップページ | 「第6回チャランゴの集い」のお知らせ »