« 学生さんたちの春定を見てきた日記 | トップページ | チェオ・ウルタードさんのクアトロを聴くなど (6月30日の日記) »

第6回チャランゴの集いに出演した日の日記

kawaだ。(言い切り)

もう2012年5月27日のことだが、第6回チャランゴの集いに参加させて頂いた。
個人的な日記の形式で、記録しておく。


演奏順の連絡が来たのは前日だったと思う。
順番に名前を確認していったが僕の名前はなく、
あれ?と思っていたら、最後から2番目に書いてあった。
主催者の福田さん、賭けに出たなー、と思った。
僕は6年前に出た、「チャランゴ新世代」ではしょっぱい演奏を繰り広げてしまったし、
気合の入れた演奏は2007年に行なってからブランクが長かった。
近年唯一の演奏であるプエルチェは、ミスもあり、まあまあの出来。
"PUELCHE" - YouTube(2011年。大阪での演奏)
こんな男がチャランゴの集いの終盤を任されてしまって良いのだろうかー。
順番を変えてもらった方が全体として演奏会になるのではないかー。
しかし、こんなに良いプレッシャーを感じられるのは今回だけかもしれないし、
気合を入れてリハビリを行うには絶好のロケーションなのではないか
と思い、変更の申し出はせずに、そのまま出させてもらうことにした。

会場に着いて、皆で軽く会場設営を済ませ、少しの練習をする。
ここで全く指が動かないことに気が付いた。
体が眠っている。指先が冷たい。全く速度が出ず、焦る。
すでに昼ごはんとしてローソンの唐揚げ弁当を食べていたが、炭水化物が足りないと判断。
急いで「はなまるうどん」に行き、かけ小105円で炭水化物を補給、
コンビニでペットボトルのミルクティーを購入し、カフェインをドーピング。
これでやっと体が温まってきた。

開演時間。
思っていたより大勢の人に来て頂いた。
数人の知人と、ラテ研の現役生も観に来てくれた。ありがたい。

開演し、前半は撮影班の仕事をこなす。
後半、他の人の演奏を聴くのはそこそこにして、会場の外でウオームアップを行う。
全身のストレッチと、スクワット。これ大事。
スクワットをすることで全身に血液が巡り、緊張がほぐれるのだ。
(みんなもぜひやってみてね!)

いよいよ自分の番が来た。会場の最後尾からステージ横まで素早く移動し、
直前の演奏者が舞台から降りたと同時に登壇。椅子の準備をする。
司会の方に簡単な紹介をしてもらい、挨拶をしてから演奏に入る。

1曲目は僕だけの演奏。曲はLa Partidaだ。
チリのビクトル・ハラが作曲した名曲で、
アレンジは我らが心の師匠フレディ・トレアルバ。
静けさと激しさの同居を表現したいところだったが、
うどんと共に摂取したカフェインが暴走したのか、テンポが早く、
落ち着きのない、激しいだけの演奏になってしまった。


気を取り直して、2曲目。ギターに入ってもらってPuelcheへ。
フレディ・トレアルバさんの代表曲だ。
この曲は素早さを出すことがまずポイントで、練習の調子では不安だったが、
本番はカフェインパワー。その点では大丈夫だった。
だが、他の心配の穴にハマッてしまうような危機を感じながらの演奏になった。
ここも勢いで押し切り、終演。
んー、と思いながら、ステージを降りる。
それでもお客さんは拍手してくれる。やさしいな。

僕がスポットライトから外れ通路に戻るころ、司会者はあるエピソードを紹介してくれた。
YouTubeに載せた演奏がフレディ・トレアルバさんに発見され、
本人からメッセージを貰った件だ。
僕はそのメッセージに書いてあったメールアドレスにメールし、
尊敬するフレディさん本人と直接コンタクトを取ることが出来たのだった。
だが、僕は演奏を終えた虚無感と開放感、それと少しの照れから、
「フレディにメールを送ったが、僕のスペイン語が未熟で、フレディが
お前のスペイン語分からんという返信をよこし、それから音信不通だ」
というようなことを喋ってしまったが、本当は少し違っている。
僕のスペイン語は未熟なので、おそらく失礼なことを言ってしまったのだと思う。
フレディは日本で自身の曲が演奏されているのを発見して、喜んでいるようで、
日本に来たいと言ってくれていたのに。
フレディには、スペイン語を少し勉強してからお詫びのメールをしてみたいと思っている。
(現実、時間がなさすぎて全然勉強が進んでいないが…。)

その後、最後の奏者TOYO草薙さんの演奏を終え、チャランゴの集いは盛況のうちに終了した。
早い時間から打ち上げを始め、チャランゴ談義に盛り上がり、遅い時間に帰宅。

関係者の皆様に感謝。ありがとうございました。


僕の課題は色々あるけれど、ひとまず
次に演奏するときには、自分は世界一だと自己催眠をかけてから演奏したいと思った。(笑)

今回のチャランゴの集いの動画は数多くアップされている。(僕がアップした)
たぶんまた後ほど、まとめて紹介する予定。

|

« 学生さんたちの春定を見てきた日記 | トップページ | チェオ・ウルタードさんのクアトロを聴くなど (6月30日の日記) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 学生さんたちの春定を見てきた日記 | トップページ | チェオ・ウルタードさんのクアトロを聴くなど (6月30日の日記) »