« Radical Andes Connectionを見に行く 9月1日の日記 | トップページ | 名古屋に練習にいく 9月17日の日記 »

ラテ研夏ライブに出演する 9月15日の日記

kawaです。

慶応義塾大学ラテンアメリカ音楽研究会、略してラテ研の主催する
夏ライブに僕も出演させていただきました。
僕はこのサークルのOBですが、本当に早いもので、卒業してから
もう10年近くになってしまいました。やー、早い。
打ち上げで、現役生に僕の生年を伝えると「えー!」
とか言われましたが、みんな、そうなるんだよ、学生よ。
ちなみに、タレントのふかわりょうさんもこのサークルのOBです。
みんな、ああなるんだよ、学生よ;-)

事前の連絡はメールで貰っていたのですが、文面から青春の香りがぷんぷんして、
僕はあまり邪魔してはいけないなーと思ったりしました。
演奏を聴いていても、いい意味で若さの感じられる演奏が多かったような気がします。
他の大学との交流が盛んなようで、楽しそうですね。
ラテ研ぽい、変わった演奏も入っていたのも面白かったです。

で、僕の本番ですが、ソロで1曲と、同期の編成したグループで2曲
やらせていただきました。

ソロは緊張しました。
5月の「チャランゴの集い」でやった曲でしたが、あの時に課題だった部分は
わりと改善出来ていたかと思います。次はもっとよくなるはず。

グループでの演奏は、ソロに比べて本当に気楽なもので、何も考えずに
ぴゅーと弾けました。共演者の方々、ありがとうございました。
それにしても、社会人が集まるということの大変さを改めて感じましたねー。

ご来場いただいた方や、その他関係者の方々、どうもありがとうございました。


参考リンク(ライブの感想などが書いてあるのを集めてみました)
2012/9/15の日記(慶應ラテ研ライブ): ケーナ奏者yoshio日記

ハシゴLIVE 2件目は・・・ 慶応ラテ研夏ライブ: 音楽のある暮らし ~ 神奈川発 田舎暮らしとミュージックシーン ~

慶應義塾大学ラテンアメリカ音楽研究会:夏ライブの全体的な感想 ~私が溶けているのか?君が溶けているのか?~

蛙が鳴いても俺は泣かない: 慶応大学ラテ研夏ライブに参加しました(9/15)

|

« Radical Andes Connectionを見に行く 9月1日の日記 | トップページ | 名古屋に練習にいく 9月17日の日記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラテ研夏ライブに出演する 9月15日の日記:

« Radical Andes Connectionを見に行く 9月1日の日記 | トップページ | 名古屋に練習にいく 9月17日の日記 »