« 読みました「困ってるひと」 | トップページ | 続・メルマガやってたら、電子書籍の提案が来たよ! »

「外資系金融の終わり」を読んだ

kawaです。

本日の本は、外資系投資銀行に務めるブロガー・藤沢数希さんの
外資系金融の終わり」です。
サブタイトルには「年収5000万トレーダーの悩ましき日々」とあり、
外資系投資銀行を知らない人は、「年収5000万だってー?」と
まず驚かされるわけです。
これが釣りではなくて、真実なようでして。

初っ端9ページにゴールドマン・サックス社員の平均年収が載っていますが、
リーマン・ショックを経た今でも3000万あるようです。
最も高かった頃は7000万とか。
見るだけで頭がボケーッとしてきますね。
読み進めると、世界のヘッジファンドマネージャの年収ランキングが
掲載されており、年収で4000億円を稼いだ人もいるようです。

なにもモノを生み出していないトレーダーが、
どうしてこんなに儲けられるか、その仕組みがわかりやすく書かれています。
また、最近の時事問題にも触れられていますが、難しい内容はあまりありません。
AKB48をユーロになぞらえるなど、むしろ刺激的な記述が多く、
低俗かもしれませんが分かりやすく楽しい本でした。

僕が一番気に入ったところは、88ページ。
日本の銀行が日本国債を買いまくって利益を出していることについての記述です。

「国が財政破綻するなんてまさか思っていなかった、といえばサラリーマン
である銀行員はだいたい許してもらえる。(中略)
だったら日本国政府が破綻するまで簡単に儲かり続けるのだから、
日本国債を買い続けるのはじつに合理的なのだ」(引用)

身も蓋もないですね。
僕も身近な銀行の決算書を見ていて、「国債買いすぎだよなー」と思い、
部門の担当者に質問したことがあります。
まぁ、彼が何と言ったかは書きませんが。

|

« 読みました「困ってるひと」 | トップページ | 続・メルマガやってたら、電子書籍の提案が来たよ! »

コメント

世の中金だけじゃないけど。。。金は欲しい。。。まだ見て居ない宝くじ。。。当たっていておくれm(_._)m

投稿: CHO | 2013年1月 9日 00時53分

>choさん
僕は実はお金にはあまり興味がありません。
でも、宝くじ当たっていたら、下さい。;-)

投稿: kawa | 2013年1月 9日 23時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 読みました「困ってるひと」 | トップページ | 続・メルマガやってたら、電子書籍の提案が来たよ! »