« 2014/7/5 EL SOLITARIO vol.20 出演します。 | トップページ | 20140518 BABYMETALが刺さる »

20130507 手術(上腕骨骨幹部骨折#8)

時間が来た。
僕は病室からベッドごと運ばれ、手術室の前で家族と別れる。
手術室内は宇宙船みたいだ。
飾り気のない内装、金属で出来た壁。
ベッドを2回乗り換え、部屋の奥へと向かう。
看護師が2人付き、麻酔の先生が自らの仕事を説明してくれる。
顔の上にはバルタン星人の目のようなライトがいくつも並んでる。
足元の方を見ると、壁に大きなモニターが埋め込まれていて、グリーンの手術着を着た医師が腕を組み、厳しい表情でそれを見つめている。
モニターに映されていたのは僕の腕の立体映像だった。
初めて見た3Dの腕は、果たしてどうすればくっつくのか僕には分からないほど、大きく、斜めに切り裂かれていた。
麻酔が入り始める。
白色のそれは点滴の管から僕に侵入し、血管を伝って身体の芯に広がっていく。
深い切り込みを入れられた樹木から滴り落ちる、白い液体を想像する。

|

« 2014/7/5 EL SOLITARIO vol.20 出演します。 | トップページ | 20140518 BABYMETALが刺さる »

コメント

僕も上腕骨を骨折して、プレートで骨折箇所を固定する手術を受けました。リハビリ中ですが、まだまだ先が長そう…。

投稿: ゴロンタ | 2014年6月15日 21時36分

>ゴロンタさん
手術は辛いですよね。
僕は1年経過して、ようやく骨が戻りそうです。
まだ肩の関節が固くて、ボキボキ言っています。(-:

投稿: kawa | 2014年6月19日 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2014/7/5 EL SOLITARIO vol.20 出演します。 | トップページ | 20140518 BABYMETALが刺さる »