« コスキン 2014 でます。 | トップページ | 2014 コスキン日記 »

20141006 コスキンはもっと課金してもいいと思います

すいません。あまり現状把握していないと思われる部外者の戯言です。

コスキンには課題があると聞きました。
僕が理解するには、以下の2つです。

・出演者の数が多すぎて、連日深夜までかかってしまう。
 (みんな疲れるので時間を短縮したい)
・1人が多くのグループにエントリーし、ろくに練習もしていないのがたくさん出てる。
 (演奏会のクオリティを上げたい)

とてもシンプルな解決策があります。

「出演者は、出演するグループの分だけ出演料を払う。」

ごくごく自然ですよね。

現状の出演料は安すぎです。
現状、3グループまでは一律2000円、4つ目から1000円ずつ加算です。
(*10/7 5:54 訂正します。出演料を3000円としていましたが、正しくは2000円でした。
今年は40周年で記念品があるため、今年だけ3000円とのことでした。すいません。)

僕は、1グループ出演するごとに2000円取っていいと思います。
1つだけ出る人は2000円、5つ出る人は10000円です。
出た分だけ払うということで、全く正当ではないでしょうか。
(グループでどうしても足りない楽器があり、掛け持ちをする必要がある場合は
 グループのみんなでそのパートの分を分担しましょう)

たぶんこうすると2つの課題が解決されるだけでなく、
少しは収入が増えるだろうと思います。
そして、そのお金を何に遣うか。

たとえば、海外の奏者を呼ぶために遣う。
いいですねー。
1年ではムリでも数年分貯めて、ホルヘ・ミルチベルグを呼んだりしませんか。
ホルヘ・ミルチベルグ。Los Incasのリーダーです。観たいです。
たぶん誰もが納得するのではないでしょうか。
(個人的にまずはフレディ・トレアルバを呼ぶところですが。笑)

ちなみにホルヘ・ミルチベルグはチャランゴの人です。

もしくは、公式ネット中継を始めるのもいいかもしれません。
放送機材とルーターなどを購入して、全世界に生中継しましょう。
このコンテンツは南米などでもそれなりにウケるはずです。
僕の知る範囲では、チリに住んでいる人もコスキン・エン・ハポンを知っていました。
折角なので、世界とのつながりを深めましょう。

一方で、現実的に不足しているものに充てた方がいいかもしれません。
運営にかかる費用は足りているのでしょうか。
例えば、マイク係は学生のボランティアで、深夜まで続く過酷な労働だと聞きます。
これをバイト制にするときっと不満も減りますよね。
でも、それやってしまうと、マイク係以外のボランティアの方から
不満が出てしまうのかもしれませんね。
なので、時間短縮するので許してくださいというところが着地点でしょうか。

というわけで、
「出演者は、出演するグループの分だけ出演料を払う。」
来年からはこれでよいのではないかと思います。

余談ですが、ホルヘ・ミルチベルグいいですよね。
Cronopios

Milonga trunca - Cancion de cuna

たまらんち。

だれかチェロ弾いてくれ!
僕はバリトンチャランゴを弾くから!

|

« コスキン 2014 でます。 | トップページ | 2014 コスキン日記 »

コメント

俺も以前からそう思っていた。
むしろ2つめからは3000円とかでいいと思う。

投稿: 俺 | 2014年10月 8日 09時11分

私もご意見には賛成です。

ただ5、6グループまではいかなくても、自分も毎年2つは出ていたクチなので、
自分のような人間のせいで今後若い人たちの負担が増えるかと思うと申し訳なさも感じます。

遠くまでいって出演が1つだと何かもったいない気がしちゃったんですよね…
来年からはどうなることやら

投稿: ab | 2014年10月 9日 00時20分

>俺さま
では来年は声掛けさせていただきますので、よろしくお願いします。(笑)

>ab君
そうだねえ。確かにそう思う人は多いでしょうね。
時代に適応していかなければならないのかもしれないですね。

記事についての補記しておきますと、
根本的にこの記事で最初に設定した課題が本当に課題なのかについては
僕はあまりよく分かっていません。
僕にとっては両方がまんできるからです。

「コスキンはどういうもので、どうあるべきか」
というような認識の共有がないと何も変えられないでしょうなあ。
それが一番大変だからこうなっているのでしょうけれど。

投稿: kawa | 2014年10月 9日 10時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コスキン 2014 でます。 | トップページ | 2014 コスキン日記 »