« 20141030 コスキンの出演者データについて | トップページ | 20141206 フレディさん新作CD »

20141130 バリトンチャランゴと弦について

バリトンチャランゴ(Em)の弦について考えている。
ボリビアのAchaさんに作って貰ったバリトンチャランゴの弦長は42cm。
アルゼンチンのPabloさんのバリトンチャランゴ(彼らはロンロコという)は、44.6cm。
当然、同じ弦を張ると張力が全然違う。

バリトンチャランゴ用の弦として市販されている(いた)ものは
僕の知る限り3種類あって、それはたぶん長い方(45cm辺り)に合わせた弦だと思う。
Pabloさんの楽器に張ると調度良い塩梅で、Achaさんのだとかなり緩い。
3種類ともアルゼンチン製の弦。

では、42cmの弦って、ないのだろうか。
僕は、フロロカーボンをひと通り揃えてあるので、今後はそれを張るつもりなんだけど、
ナイロン製が欲しいといったときに、市販されていないものなんだろうか。

ちなみにうちにあるロンロコ(カルカス型)の弦長は48.6cmだった。
日本の某お店に、日本製だという透明な弦がセットで売っていたのでそれを張っている。
ロンロコにもいろんな弦長があるのかもしれないけれど、
これにはカルカスにいたFernando Torricoさんのサインが入っているので、
弦長はノーマルのはず。

こっから余談だけど、これはフェルンドさんがTUPAYやってた頃、
来日して置いていったものらしい。

IMG_3993

彫りのクオリティはたぶん高くないと思う。
僕は嫌いじゃないけど。
それより、ロンロコ調弦が僕にはあまりしっくりこない。(-:

そういえば最近はフェルナンドさん、YouTubeやってますね。

|

« 20141030 コスキンの出演者データについて | トップページ | 20141206 フレディさん新作CD »

コメント

彫刻ご自分でやりましたか?

投稿: 俺 | 2014年12月 5日 09時11分

>俺さん
いえ、彫刻刀持ってないので。

投稿: kawa | 2014年12月 5日 09時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 20141030 コスキンの出演者データについて | トップページ | 20141206 フレディさん新作CD »