« 160226 南米からの手紙 | トップページ | 160327 ラテ研卒業ライブにいく »

160320 の日記

昼前に家を出て、渋谷で豚カツ。

ロースにしたが、体調的にはヒレだった模様。油が重い。

散髪。
16年くらい同じ人に切ってもらっているが、
その人が、日本で5人だけ選ばれる賞を受賞したらしい。
どんな感じの賞なのかよく分かんないけど、
「(そういう水準であることは)知ってましたけどね」と適当な会話をする。
春っぽく短めにしてもらう。

五反田のカラオケでチャランゴ。
ガンボアのチャランゴはいい音がするなあと再確認。
関東の学生の多くはガンボア使いなのだが、僕は持っていない。
録音で使うと、これがボリビアだ、みたいな説得力が出せるような気がして、
1台くらい持っていたほうがいいかなあと考える。
ただしお金は、ない。
弦だけ替えてみようかな。

アンデスの調べという、学生のコンサートへ。
僕の出身サークルの1年生の演奏に驚く。
1年生で、ラテ研で、この水準の演奏が聴ける日が来るとは思っていなかった。
僕が年末にやってみたチャランゴ会に来てくれた人も出演していて、
上達しているようだった。
なんだかすごく感動してしまった。
他のグループもたくさん練習して来た様子。
時間の積み重ねの終着点としての演奏会。いいものだ。

まあでも、技術的には僕らの方が数段上なんだけどね、
などと思う自分もいて、とても大人気ない。(-:
ここで勝っても上には上がいるし、競争でやってるわけではない。

僕にとっての演奏ってなんだろう。
目標を設定して、解決方法を考えて、実行して、結果を見る。
そういう繰り返しのプロセスの一種として楽しんでいる面がある。
たぶん、仕事や筋トレに近いんだろうな。
(そういうと、あらゆるものごとをそういう見方でやっている気がしてきた)
何かを拾い忘れている感じがする。
あ、一緒に演奏する仲間だ。それはとても大事だ。
ふむ。(ちなみにいま、酔っています)
あとは、なんというか、自分だけのものって仕事や筋トレでは
なかなか表すのが難しいんだけど、演奏ってそういうのが出るものだと思う。
おおー。そういうことか。素晴らしいね、演奏って。

終演後、久しぶりに会った友人たちと飲み会。
友人たちのいろいろな動きを知る。
今年はかなり、変動の年になりそうだ。

|

« 160226 南米からの手紙 | トップページ | 160327 ラテ研卒業ライブにいく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 160226 南米からの手紙 | トップページ | 160327 ラテ研卒業ライブにいく »