« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

170527 新しいチャランゴを入手したことについて

5月23日19時30分頃、注文していたチャランゴが届きました。

Untitled

僕はすでに大小合わせて10台以上のチャランゴを所有していて、
それらに満足していたため、もうチャランゴは買わないだろうと思っていました。

でも、今回、もう一台買うことにしました。
理由はいろいろあります。

アルフレド・コカさんが来日時に使用していたチャランゴが
プリアンプ内蔵タイプで、それでも全く生音に問題ない、
むしろいままで聴いたチャランゴの中でも最上級に美しい音をしていたこと。
それで「プリアンプ付けると音質下がる」という説は無視していいなと再認識したこと。

プリアンプを付けたチャランゴは一台持っていたのだけれど、
完成したチャランゴに後から付けたため、
製作時に付けたものはもっと綺麗だろうと思っていたこと。

プリアンプについて調べていて、様々な楽器の音色をシミュレーションできる機能が

付いたものを新たに発見したこと。

facebookでDonato Espinozaさんの娘さんがアップした写真を見ていたところ、
美しいデザインの糸巻きを見つけたこと。

インレイの入ったチャランゴを持っていなかったところ、
新しいデザインが出て、それを美しいと思ったこと。

好きなチャランゴ製作者が気がつけば相当高齢になっていたこと。

最後に、彼のお店が年末年始のセールをしていて、15%オフだったこと。

いろいろな理由がかちりとはまり、オーダーすることにしました。
見積りを取ると想像していたよりもずっと高くて少し躊躇しました。
でも、使用する材質が下げられてしまうと嫌なので、
価格交渉はしませんでした。
15%オフにもしないでと言おうかと考えましたが、さすがにそれはやめました。

会話に使用する言語はスペイン語です。
僕はスペイン語よくわからないので、スペイン語会話の本のほか、
AIが進化したらしいGoogle翻訳を活用しました。
それでも日本語から直接スペイン語に訳すとかなり怪しい文書になるので、
まず自分で英語を書いて、googleで英語からスペイン語に変換しました。
そのスペイン語が本当に正しいのか、スペイン語から英語に戻して確認しました。

ボリビアに行った時に一緒に撮ってもらった写真を送ってみました。
わけの分からない人に作るよりは気合を入れてくれたらいいなと思い。
効果があったかは分かりませんが。

約4ヶ月後に、準備できました完璧な音です、という連絡を貰い、
後は到着を待つだけだったのですが、トラッキング番号で検索しても登録されていません。
ボリビアの郵便事情がどうやら良くないということを初めて認識し、
最悪のケースも想定しましたが、幸いにも届いてくれました。

しっかりとしたダンボールに包まれていました。
注意深く、ハサミでセロファンテープを取り除き、中を開くと
見たことのないケースが出てきました。
セミハードケースです。しかも背負えるタイプです。
こういうのがちょうど欲しいと思っていたところで、驚きました。

セミハードケースのチャックを広げて、チャランゴの顔を拝見。
素晴らしい。ブルーアバロンのインレイが輝いています。美しい。
糸巻きもfacebookで見たのよりもずっと美しく感じられる。
プリアンプも注文した通りのものが付いている。
(プリアンプは日本で買うより安い見積もりだったので、
別の機種と勘違いされているのではと心配してた)
楽器内部のラベルには僕の名前が書かれていました。感激。
ボディの材質は、僕がすでに所有していてとても気に入っているチャランゴと
とても似た木目をしているものでした。
素晴らしい。

毎日ケースを開けては眺め、時間がある時は弾いてます。
最近はエレキギターとクラシックギターを多く触っていたのですが、
チャランゴへのモチベーションが勝りました。

事故が怖くて外に持ち出す気にならないのですが、どうしたものか。
盗難対策のためにGPSをどうやって埋め込むかを考えています。

USB端子付き。Macと接続して音質を調整します。サイバーな感じがとてもいい。
Untitled

Untitled
ボリビアの国花がモチーフのようです。
Achaさんの素晴らしい仕事に感謝。

| | コメント (0)

170523 今回の注文から日本に着くまでのスケジュールについて

12月20日 見積り依頼
12月28日 送金
4月30日 完成の連絡
5月17日 トラッキング番号を教えてもらうが、ボリビアの郵便局のサイトに表示された結果は
「0 Registros encontrados」
ありませんって、どういうことだろう。

これはあれか、ボリビア郵便局内でトラブったのか。
ワシントン条約が改正されたので、その手続に時間がかかっているのならいいけど、
盗難だった場合は面倒だ。保険適用して、作り直しなのだろうか。
トラッキングできないんだけどそちらでも調べていただけますか?と聞くと、
明日郵便局行って訊いてみるよという心強い言葉をいただいた。
当然のように、その明日には返事はなかったわけですけど。

5月21日
日本郵便のページに登録されたのを発見。
トラッキング番号に併記された情報によると、ボリビアの郵便局の受付は5月4日だから
17日もかかっている。普通は1週間とかそのくらいで日本に着くというブログもあったんだけど
どこか別の国とか彷徨っていたんだろうか。
それともブログが間違っているのかな。
前にボリビアから送ってもらったときはどのくらいかかったっけ。
なんにせよ日本に来てくれたら、あとは待つだけである。日本は安全。安全は日本。

本日、5月23日
朝、近所の郵便局に到着したのを確認。受け入れ体制の準備に入る。

今回の反省。とくにないけど、ボリビアの郵便はトラッキングできるようにすると良いと思う。

さて、このあとご対面。壊れてたりしてませんよう。

| | コメント (0)

170513 最近のトレーニング

僕はスクワットが嫌いだ。
大きな筋肉を使うので息が苦しくなる。
悪いフォームだっためか怪我をしたことがある。
地味。

二年前の冬くらいからトレーニングを再開している。
自宅のフラットベンチとダンベルで、主にダンベルプレスをしていた。
昨年の夏、山に登ることになったのでスクワットを加えた。
この忌々しいスクワットの成果か、八ヶ岳登山では筋肉痛にならなかった。

課題になったのが、心肺能力だった。
すぐに息が切れる。
赤岳のラスト、山頂に向かう急な岩道はほとんど這っていた。
地面だけを見て、軍手で掴んだ茶色の石に汗が落ちて赤になるのを見て進んだ。
会話なんてする余裕がなかった。

今シーズンの登山に備え、弱点である心肺機能の強化を始めた。
ジョギングがいいだろうということで、少し調べた結果、
iPhoneのジョギングアプリをダウンロードしてみた。
これが結構面白い。
走った時間と距離を自動的に計測してくれるだけでなく、
GPSと連動して、経路とその間の大体の速さを地図上に示してくれる。
これまでの履歴を一覧で表示してくれる。
これはやる気になるなぁ。
ウエイト・トレーニングの経験から、どうすれば運動の効果を
最大にできるかを知っているつもりなので、迷いもない。

まだ4回しか走ってませんが。(-:

ここからは運動から少し離れるのだけど、最近、
大学時代の友人を自分のいる会社に呼んで、セミナーの講師をしてもらった。
彼は弁護士で、ある分野でおそらく日本で一番詳しい弁護士だ。
理工学部大学院在籍中に旧司法試験に合格したという
変わり種なのだが、セミナーのあとの食事で話したところ、
彼のパワーはどこから来るのだろうと考えることになった。
彼曰く、自分は集中して何かに取り組むのは得意な方で、
一日の最長勉強時間は19時間だ。
僕はぜんぜん無理。たぶん半分くらいで疲れてしまうだろう。
僕と彼との差はその知的持続力のようなものにあると思うのだけど、
それは何に起因するのだろう、というか、何をどうすれば、
長い時間集中することができるのだろうか?
彼は天才だ、と言ってしまえば簡単なんだけど、
その能力が何から来るのか説明が欲しい。
骨格の違いから日本人は黒人ほど早く走れません、というのはわかるけれど、
どの骨格がどう違うのかを知りたい。
できれば、こうすれば伸びますよというのがあると嬉しい。

走ることで運動的な意味での持久力が付いて、ついでに
知的な継続力も身に付いたらいいなと思っている。(-:

| | コメント (0)

170503 チャランゴ購入に関わるトラブルの観測について

2017年2月5日、当ブログに「セシリア」さんという方から、以下のようなコメントがありました。

◎◎の友達の☓☓△△って奴も詐欺ってますね。ラパスの楽器店で騙されました。
汚い金儲けしてる罪人、多くないっすか?

※ 名前は僕が伏せ字にしました。

僕は☓☓△△さんという人の演奏を実際に見たことがあります。
それは何年も前の「チャランゴの集い」でした。
最近では、YouTubeで現地からの映像がよく流れています。

「詐欺」と言っても、安い商品を高値で掴まされたとか、そういうことかなーと思いました。
チャランゴは一台一台に個性がありますから、高いも安いもないと僕は思っています。
価格で不満が出たとすると、接客で満足度を高めるとか、ブランド力を付けるとか、
そういう工夫が足りなかったのかなーなどと思いました。
もちろん、お金を払ったけど商品がない、というのだと困りますけど。

で、あれから3ヶ月。
2017年5月に以下のようなツイートを観測しました。
(僕の意訳です)

一年以上前にボリビアのお店にチャランゴを注文したが届かない。
返金を依頼したけれど返事がない。

この方にDMでお聞きしたのですが、買ったお店はBoliviaMall(CharangoMall)、
担当者の名字は先程の☓☓さんと同じでした。下の名前は不明です。

BoliviaMallについては、僕も以前購入したことがあり、
その時は問題なく商品が届いていました。
10年以上前なので、たぶん担当者は違う人でしょうね。
僕はブログでこのお店を紹介してしまっていたので、急いで注意を追記しました。
チャランゴ購入方法まとめ: 白いあなぐら

で、この☓☓さん、どうなんですかね。
最初のセシリアさんのコメントの人と同一人物なんでしょうか。

あまりチャランゴ関係でトラブル起こしてほしくないなーというところです。
こういう事件はチャランゴの評判を落としますよね。
日本のチャランゴ愛好家としてあまり嬉しいものではありません。
というか、すぐに対処しないといけない事案なんだろうなと思います。

とりあえず、この☓☓さんと共通の友人がいるので、確認してもらうよう、メールしてみたところです。

こちらからは以上です。
何か情報あれば、このコメント欄か、僕のTwitterか、メールか、伝書鳩か、
なんでもいいのでご連絡いただければ幸いです。

| | コメント (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »