« 170527 新しいチャランゴを入手したことについて | トップページ | 170730 6月下旬から7月ころまでの日記 »

170608 Achaのチャランゴに最初に張ってある弦はこれ

アチャのチャランゴに最初に張ってある透明の弦。
弦を替えたものの、最初に張ってあったこの弦に戻したいと思ったことがある方、多いのではないでしょうか。

今回、新品のアチャを入手したので、どんなものが張ってあるのか調べてみました。

◎調査方法
複弦の片方を張り替え、元々張ってある隣の弦と比較する。

調査結果はこちら。(クリックでAmazonのページに飛びます)

1コース シーガー グランドマックス 6号
2コース シーガー エース 10号
3コース 低音 シーガー エース 16号
3コース 高音 シーガー グランドマックス 6号
4コース シーガー グランドマックス 8号
5コース シーガー エース 12号

あくまで僕の耳と指の感覚ですが、この組み合わせと思われます。
アチャさんのチャランゴはいつからこの組み合わせだったんでしょうか。
この組み合わせ、実は10年以上前に教えてもらったものと同じなのですが、その頃のアチャはもう少し違う音がしていたような。

Untitled

商品名、シーガー。材質、フロロカーボン。日本製。
釣り糸として生まれたものですが、色んな楽器の弦として使えることでも有名ですね。
僕は元々揃えていたので追加出費なし、のはずだったのですが、
グランドマックスの8号が見つからず購入しました。
それ以外は確か12年前くらいに購入したものですが、まだ使えてます。

お店で購入すると最小単位は60mです。(以前は50mだった)
いきなり60m購入するのは躊躇されるけと試したいという方は1セット1200円でお譲りします。
siroianagura@gmail.com
または Twitter @kw24p までご連絡ください。

さて、これで元に戻れるようになったので他の弦をいろいろ試してみようかな。

|

« 170527 新しいチャランゴを入手したことについて | トップページ | 170730 6月下旬から7月ころまでの日記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 170527 新しいチャランゴを入手したことについて | トップページ | 170730 6月下旬から7月ころまでの日記 »