« 2019年3月 | トップページ

2019年4月

20190420 エレアコチャランゴの音 (Fishman Aura Pro)

ピエゾピックアップを通すとチャランゴの音が、ガリガリした音になって好ましくないとよく聞きます。

僕のメインチャランゴはFishman Aura Proのプリアンプを搭載しています。
Untitled

このプリアンプはいろいろな楽器の生音をイメージしたデータが登録されており、
それを呼び出すことによって、ピエゾの音をその楽器の音に近い音に変換してくれるというものです。
Imageには、ギターやマンドリンと言った楽器が選べますが、残念ながらチャランゴのイメージはありません。
仕方がないので僕はテナーウクレレのイメージを選択しています。

Fishman Aura Pro → Grace desing m101 → Fireface UCX → mac と接続し、
ライン録音した音をお聞きください。
piezo.mp3を聞くにはクリックしてください

前半がPick up 100%(イメージ反映なし)、後半がImage 100%です。
ウクレレイメージ、ピエゾ100%に比べると、なかなか優秀なのではないでしょうか。
ちょっと高音がまだという気がしますが、そこはEQで削れば良いんでしょうかね。

スタンドにマイクを置いて演奏すると動きが制限されてやりにくいという人にいいかもしれませんね。
(まー、僕はライブ演奏ほとんどしませんが)

Fishman Aura Proは楽器に内蔵するタイプの他に、外付けタイプもあるのでちょっと
そちらもいつかは試してみたいと思っています。
でも使わないだろうから試さないかも。

参考

内蔵タイプ

外付けタイプ

 蛇足ですが、プリアンプを内蔵したチャランゴは音が悪くなるのではというような説を聞いたことがあり、
僕はこういうチャランゴを買うのを躊躇していました。
ところが3年前に来日したAlfredo Cocaさんのチャランゴを見ると、プリアンプが付いていたんですね。
それにも関わらず、生音が素晴らしかった。
むしろこれまで聴いたチャランゴの音の中で一番美しいくらいだった。
実際、ないほうが音が良いのか知らないけれど、
あって音が悪くなるにしても無視できるレベルだなと思い注文してみたのでした。
ちなみにコカさんのプリアンプは3年前も今年もAura Proではありませんでした。
なお、生音は3年前のチャランゴの方が僕の好みでした。

 

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ