« 20190928 Freddy Torrealbaさんのレッスンビデオ | トップページ | 20191221 Achaの新作チャランゴの映像 »

20191019 コスキン2019で演奏する予定だった曲

今年のコスキンは台風19号のため中止になりました。
Twitterを見るとエアコスキンというタグが流行っていたので、演奏方法を忘れないようにするためにも
コスキンのために練習していた曲をYouTubeにアップロードしました。
原曲はエレキベースやドラムが入った構成の曲です。
コスキン本番ではギターとのDUOの予定でしたが、YouTubeはSOLOです。

使用機材
SONY α7iii
Neumann U87ai
GRACEDESIGN M101
RME FIREFACE UCX
UNIQLO で作った飼い猫のTシャツ

最初にアップしたのはこっちですが、ミスが気になったし、
少なくとも機材は妥協しないほうがいいかなと思って取り直しました。

使用機材
SONY α6400
SONY PCM D100
X JAPANのライブで買ったYOSHIKIのTシャツ

α6400はモニターが180度回転するので自撮りがしやすいです。
α7iiiはスマホアプリを使えばスマホ画面でミラーリングできますが、
iOSのアプリではなぜか繋がらなかったため、
Androidタブレットを使用して画面を確認しました。
PCM D100の強いところはステレオマイクというところでしょうか。音は柔らかめ。
バランスが良く低ノイズなのが気に入っています。
U87aiはD100に比べると硬い音がしますね。僕は好きです。

こんなふうに曲を動画で撮ってYouTubeにアップロードするのは
とても練習になりますね。
ノーミスを目指して何テイクも撮りました。
最終的にはお邪魔が入ったため、タイムオーバーになってしまいましたが。

この曲Otoñalの作曲者はチリのÍtalo Pedrottiです。
彼はInti-IllimaniのHoracio DuranとCharango Methodという素晴らしい教則本を書いた人です。
前にブログに書きました。
130420 チャランゴ教則本 Charango Method が素晴らしい: 白いあなぐら
Amazonでは品切れなのか高騰してますね。19000円ですか。
元のサイトを探すとPDF版が売っていたと思います。
Charango Method eBook + Online Audio - Mel Bay Publications, Inc. : Mel Bay

曲の中で使っている技術的には、人差し指↓、親指↓、親指↑というのが割と珍しいかもしれないですね。
僕はこの奏法をRodorigo y Gabrielaから学びました。そちらとは若干違いはありますが。

Ítalo PedrottiのバンドCharankuのアルバムがYouTubeに上がっているので紹介します。


13:02〜がOtoñalですね。
このアルバムすごく好みで、こういう感じのをやりたいと思っています。

|

« 20190928 Freddy Torrealbaさんのレッスンビデオ | トップページ | 20191221 Achaの新作チャランゴの映像 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 20190928 Freddy Torrealbaさんのレッスンビデオ | トップページ | 20191221 Achaの新作チャランゴの映像 »