チャランゴ

20200926 チリのカリスマ(日記)

フレディ・トレアルバさんから誕生日のお祝いメッセージが来て驚いた。
僕はスペイン語がよくわからないので慎重にお礼のメッセージを返すと、
そこから少しのやり取りが続き、脈絡なくビデオのリンクが送られてきた。
クリックして確認するとビクトル・ハラについてのライブ放送のようだ。
ビクトル・ハラの写真が常に映されており、彼についての話がされていることがわかる。
しばらく観続けると、トレアルバ氏が登場し、リモート共演スタイルで彼と大勢のギタリストやヴァイオリニストなどとビクトル・ハラの曲La Partidaを演奏した。なかなか壮大でよかった。
演奏が終わった後、パルティーダ良かったですとメッセージを送ると、

「ありがとう、(中略)🤫 しかし、これの核心は賛辞であり、その観点から私は幸せです」

というような返事を貰った。
中略の部分にはナイショマークが付いていたので、念のため公開は控えさせていただく。

これの核心は賛辞でありというのは、
ビクトル・ハラへの賛辞を示すことができて幸せということなのだろうか。

うーむ。
言葉の細かいニュアンスまで理解したい。
しかし、そのために勉強するには時間が足りないのではないか。
どれだけ勉強すればたどり着けるのか?
そんなことを思った。

ビクトル・ハラについての番組は1時間半ほどで終わった。
スペイン語だったため、内容はほとんど分からなかったが、
40年以上前に亡くなった人物の番組をこれだけ長い時間大勢が観るということを知って、
トレアルバさんに、ビクトル・ハラの偉大さの一端を理解しましたというようなことを送ると、
ありがとう、Victorの仕事は計り知れません。と返ってきた。

いま、僕はビクトル・ハラについて改めて調べ直している。

そして、今回トレアルバ氏が使用していたチャランゴはチリの製作者が作ったものだったなと思い返した。

| | コメント (0)

20200827 リモート共演動画の作成についてのメモ

オンラインコスキンのための動画を作成しました。
遠く離れた友人に各パートごとの録音と録画を送ってもらい、編集しました。
作業の概要を書き残しておきます。

○目的
またやる時のための忘備録、他の人の参考

○使用した機材
カメラ、オーディオインターフェース、マイク、PC(Windows、Mac)

○使用したソフトウェア
Cakewalk(無料 友人が録音のために使用) 、Logic Pro(Mac)、Final Cut Pro(Mac)
 ※ cakewalkやLogic ProというソフトはDAWといいます。
   音声の録音、編集、ミキシング、編曲など一連の作業を行うソフトです。

○作業概要
1.ガイドとなる音源の作成
2.パートごとに演奏を録音・録画
3.音声ファイルの書き出し
4.音声と動画の同期(①)
5.音声ファイルの編集(②)
6.各動画のタイミングをあわせる
7.①の動画の音声ファイルを②に差し替える

○作業詳細
1.ガイドとなる音源の作成

パートごとにテンポや構成を合わせるために、これを聞きながら演奏するという
音源を作成する。その音源のことをガイド音源とする。
あとでテンポを変更する可能性を考えると、MIDIでの作成が望ましい気がするが、
最近のDAWはオーディオファイルも柔軟にストレッチできるため、MIDIにこだわる必要はない。

Logic Proを使う場合
Logic Proにはオーディオのテンポを柔軟に扱うスマートテンポという機能がある。
今回の演奏はYouTubeで見つけたライブ演奏を元に、スマートテンポを使って、
少しぶれていたテンポを整え、さらに少しテンポを落としたものにした。
スマートテンポの優秀なところは、グリッドに拍の頭が合わせられるところだ。
メトロノームが使用可能になるし、録音の部分的な修正も少しだけ簡単になる(気がする)。
自分で演奏して作成したガイド音源も同様の機能を使ってテンポを変更できる。

他のDAWでも同じようなことができる可能性はある。詳しくはしらない。

2.パートごとに演奏を録音・録画

カメラで録画しながら、Mac(かPC)のDAWで録音する。
ここではあとで映像と音声を同期することはあまり考えない。
同期はFinalCutProが自動でやってくれるからだ。
この機能のために僕は10年ほど前に10万円以上を支払っているが、
いまでは2万ちょっとで使用できる。いい時代になったものだ。

3.音声ファイルの書き出し

ここでポイントなのは、ガイド音源と同じポイントからスタートするように書き出すこと。
これさえやれば、のちのち、各パートの動画のタイミングがあう。

Cakewalksでの書き出し方法を忘れないためにメモしておく。
(僕は今回始めて使ったので細かいオペレーションレベルで)
「Ctrl+A 」で全録音を選択してもらって、ファイル→エクスポート→オーディオ
左下の「バウンスの設定」の「ソースの種類」を「トラック」に。
下に出てきた 「インプット(s)トラック」で、書き出したいトラックを選択。

4.音声と動画の同期(①)

前述のとおり、Final Cut Proの機能でカメラで撮影したビデオと
Mac(かPC)に録音した音声を同期する。
この機能は本当に10年前、思い出すのはあれはエルネスト(以下略)
Adobe Premiere Proにもこの機能は付いているようだ。

5.音声ファイルの編集(②)

書き出した音をDAWの編集用のプロジェクトに貼り付け、編集する。
音声ファイルの編集は熟練の技と知識が必要な領域だったが、
最近ではAIで結構なんとかしてくれるソフトが登場している。
iZotope Neutronだ。
これで勝手にいい具合にイコライジングや各パートの音量調整などを提案してくれる。
このソフトはたびたびバンドルセールなどやっているので、よく探すと安く手に入る。
Neutronで音を整えたあとは、お気に入りのプラグインで音を仕上げる。

あ、あと、DAWに貼り付ける前に、状況に応じてiZotope RXでノイズを除去した。
チャランゴはノイズなく録音できたので今回は適用しなかった。
逆にAutoで適用してみたら音が痩せたので却下した。

6.各動画のタイミングをあわせる

音声のタイミングは、ガイド音源のスタートのポイントにあったものになっているので、
4でその音声と同期された映像の余分なところをカット(簡単にできる)すれば
各動画のタイミングはあっさり合う。

7.①の動画の音声ファイルを②に差し替える

音声ファイルのスタートポイントもガイド音源にあっているので
単純に並べて、ビデオに付いている音量を0にすればOK。

以上です。

わかりにくいところあったら質問ください。

| | コメント (0)

20191230 出ない順チャランゴテクニック(Alternative Repique)

Freddy Torrealbaさんの教則ビデオ。
20190928 Freddy Torrealbaさんのレッスンビデオ: 白いあなぐら

これを見ていたら出てきたテクニックに
Alternative Repiqueというものがありました。
おっこれは?と思ってやってみたら、すぐにできました。
これです。↓

ダウンアップを繰り返すのではなく、ダウンダウンアップアップですね。
1往復で4回弾いている。

これは結構難しいと思いますが、僕は一瞬で弾けました。
なぜ僕がすぐに弾けたか。
それはチャランゴ以外の楽器の奏法をいろいろ試してきたからですね。
ウクレレのテクニックとギターのテクニックを組み合わせたらこの弾き方になりました。

しかし、このテクニックはマイナーですよね。
でてくる曲あるのでしょうか。
ある人に聞いたら、日本の有名なプロの方々も弾けなかったようです。


=FAQ=

Q.なぜプロが弾けなかったと思うか?

A.使わなくても大丈夫だからです。


Q.1往復で4回弾く必要があるのか?

A.芸術とはそういうものなのではないかと思います。


Q.このテクニックがやくに立つのか?

A.ブログの記事になります。


本日は以上です。
ここまで読んでいただきましてありがとうございました。

| | コメント (0)

20191221 Achaの新作チャランゴの映像

少し前ですが、Donato Espinoza氏がAchaの新作チャランゴの演奏動画をアップしていました。

CC038というシリーズのようです。
弦はフロロカーボンでしょうが、音の傾向がこれまでの物と異なっていると感じました。
エフェクトのせいかなーという気もしますが、チャランゴの材や構造が気になります。
表板はドイツ松ですか?この色は別の材?
ボディはハカランダですかね。
ホールのデザインが今までのAchaではなかったものですね。

Donato氏のいつものチャランゴの音色はこちらですが、音が全く違いますね。

余談ですが、Donato氏はサビアアンディーナで弾いたり、瀬木貴将さんのグループの一員として
来日公演をしたことがある人で、僕はその演奏を見て、音の違いに驚き、その秘密を知りたいと思い、
人づてに頼ってラパスに習いに行きました。
習った結果はといいますと。
彼は小さいころの事故で右手の指を失っています。
そのため、彼の演奏方法は他の人には真似はできないのではないかと思いました。
上の動画からも、音色的に特徴がありますね。
でも独特のノリは真似したいなといまも思っています。

さらに余談ですが、最初の動画の最後にチャランゴの作者名として、有名なJuan Achaさんの他に
彼の息子であるMiguel Achaさんの名前がありますね。
そろそろ引き継いでいくということなのでしょうか。
いまのAchaチャランゴの先進性と圧倒的なクオリティが引き継がれていくと嬉しいです。

| | コメント (0)

20190928 Freddy Torrealbaさんのレッスンビデオ

いつもながらボーッとFacebookを眺めていたら発見したのですが
チャランゴ奏者Freddy Torrealbaさんのレッスンビデオが発売されました。
オンラインで視聴できます。

内容は2部構成になっていて1部が初心者用、2部が経験者用というような内容です。
1部ではストロークやアルペジオでどの指を使うかの説明から基本的なリズムの説明がなされ、
2部ではより難しいテクニックや彼の曲の解説などを聞くことができます。
動画は画質がとても優れており、目の前に彼がいて説明してくれるかのうような感覚です。
彼の演奏はYouTubeにたくさんあるのですが、これほど高画質で目の前で
時折ゆっくり解説も交えて教えてくれるものは他にはありません。
時折挟まれる彼の演奏に対する考え方もとても参考になります。

E-Masters Academy

僕は迷うことなく速攻で購入しました。
字幕で英語も出せるので何言ってるのかわかる。
いやー勉強になりました。よかったよかった。

こういうwebサービスは儲からないと運営がページを削除してしまうということが
前にあったので、気になる方は早めにチェックしてみてはいかがでしょうか。
チャランゴ奏者で彼のファンならとくに見ておいたほうが良いと思います。

| | コメント (0)

20190818 Dúo fusión Masawiのライブを見に行った

ボリビアからチャランゴ奏者のWilly Riosさんが来日し、
スペインに留学中のギタリストMasataka SuganumaさんとDuoライブを行いました。

Willyさんは数年前からFacebookでよく見かけて、うまいチャランゴだなーと思っていました。
Suganumaさんは十数年前の第1回チャランゴの集いでTOYO草薙さんの伴奏をしていたのを見て以来でした。
当時まだ小学生だったんかな。

以下にYouTubeの再生リストを貼ります。いいライブでした。

僕はとくに主催者と知り合いというわけではなかったので、ビデオ撮影なんてお願いできないだろうな
と思いつつも、かばんにカメラを入れ、念のためsonyのレコーダーも持ち会場に行きました。
一番前方の座席に空きがあったので座ると、同じ列に知り合いのDIC資料館の方が座っていて声を掛けてくれました。
その方の仲介により、楽屋に行き、撮影をお願いしたらokが出たというわけです。

この演奏を参考にして何曲かいつかやってみたいと思っています。

撮影機材
SONY α7iii
TAMRON 28-75mm F2.8
SONY PCM D100

| | コメント (0)

20190714 チリの楽団のワークショップに行く

チリからEnsamble Transatlántico de Folk Chileno というグループが来日して、
ワークショップをやるというので行ってきました。
こんなグループです。

この動画では大勢いますが、来日したのは8人でした。

実はこのグループのリーダーから5年ほど前にネット上でメッセージを貰ったことがありました。
僕がSoundCloudに上げた演奏を聴いて連絡をくれて、何度かメールのやり取りをしました。
ネットで知り合った外国人が来日するというのはワクワクしますね。
その時のメモをブログに残していました。
160226 南米からの手紙: 白いあなぐら

ワークショップの内容は、彼らの曲を練習して、合同で演奏しようというものでした。
参加者は合計30人くらいいたでしょうか。
なかなかの迫力のある演奏になりました。

トロンボーンやサックスと合わせたのは初めてでしたが、面白かったです。
あと、アコーディオンとチャランゴは相性が良いのではないかと思いました。
(大学1年のときにアコーディオンの同期がいたんですが、うまく合奏できなくて辞めて行ってしまったのが惜しい)

印象的だったのは、リーダーが手振りで指揮のようなことをするのですが、
それに合わせてタイミングを合わせていくというやり取りが面白かったです。
これが何かということについて少し気になっていたのですが、10月16日にNHKで放送された「旅するスペイン語」
でドラマーのシシド・カフカさんがアルゼンチンで習っていた「ハンドサイン」に似ていますね。
先程録画で確認したのですが、そうか、これだったのかも?と思いました。
テレビでやっていたハンドサインは、完全なフリーセッションで使われるものなので
少し使い方が違うというとそうなのかもしれないですが、源流はひょっとして同じなのかもしれません。
(シシドさんは以前、日比谷野外音楽堂で見たことがありましたがいつの間にか髪が短くなっていましたね)

楽団は来年も来るかもということで、少し僕もお手伝いできればいいなと思っています。

| | コメント (0)

20190420 エレアコチャランゴの音 (Fishman Aura Pro)

ピエゾピックアップを通すとチャランゴの音が、ガリガリした音になって好ましくないとよく聞きます。

僕のメインチャランゴはFishman Aura Proのプリアンプを搭載しています。
Untitled

このプリアンプはいろいろな楽器の生音をイメージしたデータが登録されており、
それを呼び出すことによって、ピエゾの音をその楽器の音に近い音に変換してくれるというものです。
Imageには、ギターやマンドリンと言った楽器が選べますが、残念ながらチャランゴのイメージはありません。
仕方がないので僕はテナーウクレレのイメージを選択しています。

Fishman Aura Pro → Grace desing m101 → Fireface UCX → mac と接続し、
ライン録音した音をお聞きください。
piezo.mp3を聞くにはクリックしてください

前半がPick up 100%(イメージ反映なし)、後半がImage 100%です。
ウクレレイメージ、ピエゾ100%に比べると、なかなか優秀なのではないでしょうか。
ちょっと高音がまだという気がしますが、そこはEQで削れば良いんでしょうかね。

スタンドにマイクを置いて演奏すると動きが制限されてやりにくいという人にいいかもしれませんね。
(まー、僕はライブ演奏ほとんどしませんが)

Fishman Aura Proは楽器に内蔵するタイプの他に、外付けタイプもあるのでちょっと
そちらもいつかは試してみたいと思っています。
でも使わないだろうから試さないかも。

参考

内蔵タイプ

外付けタイプ

 蛇足ですが、プリアンプを内蔵したチャランゴは音が悪くなるのではというような説を聞いたことがあり、
僕はこういうチャランゴを買うのを躊躇していました。
ところが3年前に来日したAlfredo Cocaさんのチャランゴを見ると、プリアンプが付いていたんですね。
それにも関わらず、生音が素晴らしかった。
むしろこれまで聴いたチャランゴの音の中で一番美しいくらいだった。
実際、ないほうが音が良いのか知らないけれど、
あって音が悪くなるにしても無視できるレベルだなと思い注文してみたのでした。
ちなみにコカさんのプリアンプは3年前も今年もAura Proではありませんでした。
なお、生音は3年前のチャランゴの方が僕の好みでした。

 

| | コメント (0)

190322 チャランゴモールの商品が発送されないトラブルとその対応策について

Charangomall(またはBoliviaMallともいう)はボリビアで運営されているネット通販サイトです。
チャランゴモールでチャランゴを購入したものの、待っても待っても届かなかったという連絡をTwitterのDMで受けました。
同様のトラブルを聞いたのは今回で2回目です。
(Twitterで「チャランゴモール」と検索すれば、問題があったケースがいろいろ出てくるかもしれません)
働きかけの結果、なんとか無事に届いたということですが、
両方とも、初めてチャランゴを買おうという人が、ネットで調べて最初に買う場所がここというケースでした。
最初に注文したチャランゴが届かないとなると、チャランゴが好きになってくれる可能性があったのに、
その可能性を潰してしまうということになりかねません。
そればかりか、チャランゴに関連する様々な物事に対する不信感につながることになるのではないでしょうか。
これはチャランゴファンサイトである当サイトとしては無視できません。
というか、前に購入先として記事に紹介してしまったので、責任を感じるところであります。

トラブルを認識したのは1回目が2017年5月、2回目が2019年3月です。
僕が認識しているのはこの2件だけですが、ちょっとこれは氷山の一角なのではないかと思ってしまいます。
他にも困っている人がいるのかもしれない。
そしてこれから先また同じことが起こってしまうかもしれないと懸念しています。
今回報告された流れです。
1.チャランゴを購入する
2.自動返信メールがきた
3.2週間経っても音沙汰がない
4.サイトに書いてある電話番号に電話で問い合わせたところ、来週発送する、その際は連絡すると言われる
5.その来週になっても連絡がない
6.さらに15日待っても届かない
7.何度か電話をしてみたがすべて繋がらない

ちょっとこれは心配になりますよね。
さて、実際にこういう事態に巻き込まれてしまった場合、どのような対応を取ればいいのかについて書きます。
効果が確認されている対応としては以下の2つあります。
1.チャランゴモールの日本人スタッフに彼の友人経由で話をする。
この方法は1回目の報告の際に僕が取った方法で、それから間もなくして無事に到着した模様です。
当時のチャランゴモールの担当者は日本人の○○さんという方で、その方の友人が僕の友人でした。
それで、なるべく表に出さないように配慮し、友人経由でできるだけやんわりとお話してもらいました。
この方法は知り合いがいないとなかなかできませんね。
オススメは次の方法です。
2.決済方法にPaypal(ペイパル)を選択したうえで、トラブっていることをPayPalに報告する
今回の情報提供者の方が取った方法は、決済会社であるPaypalに連絡をするというものでした。
Paypalへの連絡から程なくして、チャランゴ発送されたというメールが届いたということです。
おそらく、連絡を受けたPaypalからボリビアモールに連絡が行き、トラブルが解決しない場合は
決済機能を使えなくするというような圧力がかかったのではないかと思います。
Paypalについて、僕は他にも同様の事例を知っています。
(事例) 仮想通貨トレードサロンの返金トラブルの際に、サロン主に返金を断られた契約者が
Paypalに返金申立をしたところあっさり返金された。その後、同サロンでPaypalが使用できなくなった。

ということで、CharangoMallのような海外のサイトへの支払い方法はPaypalを選択し、
商品が到着しない場合はPaypalに返金要請すると良さそうです。
クレジットカード払いの場合はどうかについて調べたところ、対応してくれるかわかりませんでした。
また、一般的に、フィッシングサイト(偽サイト)にカード情報を入力してしまうと、
は不正利用されてしまう可能性があるので、信頼できないサイトではクレカは使用しない方が無難ですね。
チャランゴモールへの支払い方法は、上記の他に、日本国内の日本人名義の銀行口座も選択できるようですが、
こちらに振り込んでしまって上記のような事態に陥った場合は警察に被害届を提出して、
口座凍結できないか相談するといいのではないかと思います。
というか、こんな大変な思いをするのであれば、最初からここを選ばない方がいいですよね。。
当サイトではチャランゴモールをチャランゴの購入先として紹介していましたが、
上記の報告があったため、リンクを削除しました。
以上

| | コメント (0)

コスキン2018行ってきた 個人的な日記

誘ってもらって、6人グループで演奏した。
ラテ研の後輩と名古屋の方々と。
大勢で演奏するのは久しぶりで、新鮮な感じがした。


(選択できるサムネイルに演奏中のものが出ない。笑)

全員が集まった練習は1回だけだったけれど、その割にはまとまった演奏ができているだろうか?
もうちょっとできたと思うところがある。
やはりリズムが大切で、そこで演奏の質がものすごく分かれると思う。
集まれる回数が少なかったので、BPMを確認して、
各自メトロノームで練習しましょうね体制にしておけば
もう少し良くなったんじゃないかなーという気がする。
ちなみに僕のiPhoneのホーム画面にはメトロノームアプリが置いてある。
さっきそうしたんだけど。

あとボンボにマイク当てた方が良かった。音量的にも音質的にも。
2曲目はエレキベースが欲しいところであるが。
(練習の録音にベースを打ち込んでみたらなかなか良かった)

ともあれ、準備から本番まで楽しくできたというところは、とても大切なところだと思う。
グループのみんなに感謝。

個人的には、一番美味しいところでミスってしまったのが心残りだ。
難しいところではなかったんだけども、練習というより、それ以外の準備が足りてなかった。
何かルーティーンのようなものを準備しておければいいのかもしれない。

今後は一人で少しづつ、多重録音の練習をしていきたいと思っている。
エフェクターに詳しくならねば。

忙しいので、ライブに出るのはコスキンくらいでいいかなぁ。

最後に、コスキン関係者の方々へ心からの感謝を。

蛇足

使用カメラはCANONの家庭用ビデオカメラ。
SONY α7iiiを持っていったので4Kで取りたかったが、
長時間録画すると熱で停止する仕様のため、放置できるビデオカメラを使用。
知人が来ていたので頼んで録画してもらえば良かったな。
録音はSONY PCM-D100。
これ4年くらい使っているけど、とても気に入っている。
他のゲストなどの動画はα7iiiの4Kで撮ったのがあるけど、
公開してアカウント停止喰らったら泣くのでどうしようか考え中。
Try?

| | コメント (0)

より以前の記事一覧