チャランゴ

20191230 出ない順チャランゴテクニック(Alternative Repique)

Freddy Torrealbaさんの教則ビデオ。
20190928 Freddy Torrealbaさんのレッスンビデオ: 白いあなぐら

これを見ていたら出てきたテクニックに
Alternative Repiqueというものがありました。
おっこれは?と思ってやってみたら、すぐにできました。
これです。↓

ダウンアップを繰り返すのではなく、ダウンダウンアップアップですね。
1往復で4回弾いている。

これは結構難しいと思いますが、僕は一瞬で弾けました。
なぜ僕がすぐに弾けたか。
それはチャランゴ以外の楽器の奏法をいろいろ試してきたからですね。
ウクレレのテクニックとギターのテクニックを組み合わせたらこの弾き方になりました。

しかし、このテクニックはマイナーですよね。
でてくる曲あるのでしょうか。
ある人に聞いたら、日本の有名なプロの方々も弾けなかったようです。


=FAQ=

Q.なぜプロが弾けなかったと思うか?

A.使わなくても大丈夫だからです。


Q.1往復で4回弾く必要があるのか?

A.芸術とはそういうものなのではないかと思います。


Q.このテクニックがやくに立つのか?

A.ブログの記事になります。


本日は以上です。
ここまで読んでいただきましてありがとうございました。

| | コメント (0)

20191221 Achaの新作チャランゴの映像

少し前ですが、Donato Espinoza氏がAchaの新作チャランゴの演奏動画をアップしていました。

CC038というシリーズのようです。
弦はフロロカーボンでしょうが、音の傾向がこれまでの物と異なっていると感じました。
エフェクトのせいかなーという気もしますが、チャランゴの材や構造が気になります。
表板はドイツ松ですか?この色は別の材?
ボディはハカランダですかね。
ホールのデザインが今までのAchaではなかったものですね。

Donato氏のいつものチャランゴの音色はこちらですが、音が全く違いますね。

余談ですが、Donato氏はサビアアンディーナで弾いたり、瀬木貴将さんのグループの一員として
来日公演をしたことがある人で、僕はその演奏を見て、音の違いに驚き、その秘密を知りたいと思い、
人づてに頼ってラパスに習いに行きました。
習った結果はといいますと。
彼は小さいころの事故で右手の指を失っています。
そのため、彼の演奏方法は他の人には真似はできないのではないかと思いました。
上の動画からも、音色的に特徴がありますね。
でも独特のノリは真似したいなといまも思っています。

さらに余談ですが、最初の動画の最後にチャランゴの作者名として、有名なJuan Achaさんの他に
彼の息子であるMiguel Achaさんの名前がありますね。
そろそろ引き継いでいくということなのでしょうか。
いまのAchaチャランゴの先進性と圧倒的なクオリティが引き継がれていくと嬉しいです。

| | コメント (0)

20190928 Freddy Torrealbaさんのレッスンビデオ

いつもながらボーッとFacebookを眺めていたら発見したのですが
チャランゴ奏者Freddy Torrealbaさんのレッスンビデオが発売されました。
オンラインで視聴できます。

内容は2部構成になっていて1部が初心者用、2部が経験者用というような内容です。
1部ではストロークやアルペジオでどの指を使うかの説明から基本的なリズムの説明がなされ、
2部ではより難しいテクニックや彼の曲の解説などを聞くことができます。
動画は画質がとても優れており、目の前に彼がいて説明してくれるかのうような感覚です。
彼の演奏はYouTubeにたくさんあるのですが、これほど高画質で目の前で
時折ゆっくり解説も交えて教えてくれるものは他にはありません。
時折挟まれる彼の演奏に対する考え方もとても参考になります。

E-Masters Academy

僕は迷うことなく速攻で購入しました。
字幕で英語も出せるので何言ってるのかわかる。
いやー勉強になりました。よかったよかった。

こういうwebサービスは儲からないと運営がページを削除してしまうということが
前にあったので、気になる方は早めにチェックしてみてはいかがでしょうか。
チャランゴ奏者で彼のファンならとくに見ておいたほうが良いと思います。

| | コメント (0)

20190818 Dúo fusión Masawiのライブを見に行った

ボリビアからチャランゴ奏者のWilly Riosさんが来日し、
スペインに留学中のギタリストMasataka SuganumaさんとDuoライブを行いました。

Willyさんは数年前からFacebookでよく見かけて、うまいチャランゴだなーと思っていました。
Suganumaさんは十数年前の第1回チャランゴの集いでTOYO草薙さんの伴奏をしていたのを見て以来でした。
当時まだ小学生だったんかな。

以下にYouTubeの再生リストを貼ります。いいライブでした。

僕はとくに主催者と知り合いというわけではなかったので、ビデオ撮影なんてお願いできないだろうな
と思いつつも、かばんにカメラを入れ、念のためsonyのレコーダーも持ち会場に行きました。
一番前方の座席に空きがあったので座ると、同じ列に知り合いのDIC資料館の方が座っていて声を掛けてくれました。
その方の仲介により、楽屋に行き、撮影をお願いしたらokが出たというわけです。

この演奏を参考にして何曲かいつかやってみたいと思っています。

撮影機材
SONY α7iii
TAMRON 28-75mm F2.8
SONY PCM D100

| | コメント (0)

20190714 チリの楽団のワークショップに行く

チリからEnsamble Transatlántico de Folk Chileno というグループが来日して、
ワークショップをやるというので行ってきました。
こんなグループです。

この動画では大勢いますが、来日したのは8人でした。

実はこのグループのリーダーから5年ほど前にネット上でメッセージを貰ったことがありました。
僕がSoundCloudに上げた演奏を聴いて連絡をくれて、何度かメールのやり取りをしました。
ネットで知り合った外国人が来日するというのはワクワクしますね。
その時のメモをブログに残していました。
160226 南米からの手紙: 白いあなぐら

ワークショップの内容は、彼らの曲を練習して、合同で演奏しようというものでした。
参加者は合計30人くらいいたでしょうか。
なかなかの迫力のある演奏になりました。

トロンボーンやサックスと合わせたのは初めてでしたが、面白かったです。
あと、アコーディオンとチャランゴは相性が良いのではないかと思いました。
(大学1年のときにアコーディオンの同期がいたんですが、うまく合奏できなくて辞めて行ってしまったのが惜しい)

印象的だったのは、リーダーが手振りで指揮のようなことをするのですが、
それに合わせてタイミングを合わせていくというやり取りが面白かったです。
これが何かということについて少し気になっていたのですが、10月16日にNHKで放送された「旅するスペイン語」
でドラマーのシシド・カフカさんがアルゼンチンで習っていた「ハンドサイン」に似ていますね。
先程録画で確認したのですが、そうか、これだったのかも?と思いました。
テレビでやっていたハンドサインは、完全なフリーセッションで使われるものなので
少し使い方が違うというとそうなのかもしれないですが、源流はひょっとして同じなのかもしれません。
(シシドさんは以前、日比谷野外音楽堂で見たことがありましたがいつの間にか髪が短くなっていましたね)

楽団は来年も来るかもということで、少し僕もお手伝いできればいいなと思っています。

| | コメント (0)

20190420 エレアコチャランゴの音 (Fishman Aura Pro)

ピエゾピックアップを通すとチャランゴの音が、ガリガリした音になって好ましくないとよく聞きます。

僕のメインチャランゴはFishman Aura Proのプリアンプを搭載しています。
Untitled

このプリアンプはいろいろな楽器の生音をイメージしたデータが登録されており、
それを呼び出すことによって、ピエゾの音をその楽器の音に近い音に変換してくれるというものです。
Imageには、ギターやマンドリンと言った楽器が選べますが、残念ながらチャランゴのイメージはありません。
仕方がないので僕はテナーウクレレのイメージを選択しています。

Fishman Aura Pro → Grace desing m101 → Fireface UCX → mac と接続し、
ライン録音した音をお聞きください。
piezo.mp3を聞くにはクリックしてください

前半がPick up 100%(イメージ反映なし)、後半がImage 100%です。
ウクレレイメージ、ピエゾ100%に比べると、なかなか優秀なのではないでしょうか。
ちょっと高音がまだという気がしますが、そこはEQで削れば良いんでしょうかね。

スタンドにマイクを置いて演奏すると動きが制限されてやりにくいという人にいいかもしれませんね。
(まー、僕はライブ演奏ほとんどしませんが)

Fishman Aura Proは楽器に内蔵するタイプの他に、外付けタイプもあるのでちょっと
そちらもいつかは試してみたいと思っています。
でも使わないだろうから試さないかも。

参考

内蔵タイプ

外付けタイプ

 蛇足ですが、プリアンプを内蔵したチャランゴは音が悪くなるのではというような説を聞いたことがあり、
僕はこういうチャランゴを買うのを躊躇していました。
ところが3年前に来日したAlfredo Cocaさんのチャランゴを見ると、プリアンプが付いていたんですね。
それにも関わらず、生音が素晴らしかった。
むしろこれまで聴いたチャランゴの音の中で一番美しいくらいだった。
実際、ないほうが音が良いのか知らないけれど、
あって音が悪くなるにしても無視できるレベルだなと思い注文してみたのでした。
ちなみにコカさんのプリアンプは3年前も今年もAura Proではありませんでした。
なお、生音は3年前のチャランゴの方が僕の好みでした。

 

| | コメント (0)

190322 チャランゴモールの商品が発送されないトラブルとその対応策について

Charangomall(またはBoliviaMallともいう)はボリビアで運営されているネット通販サイトです。
チャランゴモールでチャランゴを購入したものの、待っても待っても届かなかったという連絡をTwitterのDMで受けました。
同様のトラブルを聞いたのは今回で2回目です。
(Twitterで「チャランゴモール」と検索すれば、問題があったケースがいろいろ出てくるかもしれません)
働きかけの結果、なんとか無事に届いたということですが、
両方とも、初めてチャランゴを買おうという人が、ネットで調べて最初に買う場所がここというケースでした。
最初に注文したチャランゴが届かないとなると、チャランゴが好きになってくれる可能性があったのに、
その可能性を潰してしまうということになりかねません。
そればかりか、チャランゴに関連する様々な物事に対する不信感につながることになるのではないでしょうか。
これはチャランゴファンサイトである当サイトとしては無視できません。
というか、前に購入先として記事に紹介してしまったので、責任を感じるところであります。

トラブルを認識したのは1回目が2017年5月、2回目が2019年3月です。
僕が認識しているのはこの2件だけですが、ちょっとこれは氷山の一角なのではないかと思ってしまいます。
他にも困っている人がいるのかもしれない。
そしてこれから先また同じことが起こってしまうかもしれないと懸念しています。
今回報告された流れです。
1.チャランゴを購入する
2.自動返信メールがきた
3.2週間経っても音沙汰がない
4.サイトに書いてある電話番号に電話で問い合わせたところ、来週発送する、その際は連絡すると言われる
5.その来週になっても連絡がない
6.さらに15日待っても届かない
7.何度か電話をしてみたがすべて繋がらない

ちょっとこれは心配になりますよね。
さて、実際にこういう事態に巻き込まれてしまった場合、どのような対応を取ればいいのかについて書きます。
効果が確認されている対応としては以下の2つあります。
1.チャランゴモールの日本人スタッフに彼の友人経由で話をする。
この方法は1回目の報告の際に僕が取った方法で、それから間もなくして無事に到着した模様です。
当時のチャランゴモールの担当者は日本人の○○さんという方で、その方の友人が僕の友人でした。
それで、なるべく表に出さないように配慮し、友人経由でできるだけやんわりとお話してもらいました。
この方法は知り合いがいないとなかなかできませんね。
オススメは次の方法です。
2.決済方法にPaypal(ペイパル)を選択したうえで、トラブっていることをPayPalに報告する
今回の情報提供者の方が取った方法は、決済会社であるPaypalに連絡をするというものでした。
Paypalへの連絡から程なくして、チャランゴ発送されたというメールが届いたということです。
おそらく、連絡を受けたPaypalからボリビアモールに連絡が行き、トラブルが解決しない場合は
決済機能を使えなくするというような圧力がかかったのではないかと思います。
Paypalについて、僕は他にも同様の事例を知っています。
(事例) 仮想通貨トレードサロンの返金トラブルの際に、サロン主に返金を断られた契約者が
Paypalに返金申立をしたところあっさり返金された。その後、同サロンでPaypalが使用できなくなった。

ということで、CharangoMallのような海外のサイトへの支払い方法はPaypalを選択し、
商品が到着しない場合はPaypalに返金要請すると良さそうです。
クレジットカード払いの場合はどうかについて調べたところ、対応してくれるかわかりませんでした。
また、一般的に、フィッシングサイト(偽サイト)にカード情報を入力してしまうと、
は不正利用されてしまう可能性があるので、信頼できないサイトではクレカは使用しない方が無難ですね。
チャランゴモールへの支払い方法は、上記の他に、日本国内の日本人名義の銀行口座も選択できるようですが、
こちらに振り込んでしまって上記のような事態に陥った場合は警察に被害届を提出して、
口座凍結できないか相談するといいのではないかと思います。
というか、こんな大変な思いをするのであれば、最初からここを選ばない方がいいですよね。。
当サイトではチャランゴモールをチャランゴの購入先として紹介していましたが、
上記の報告があったため、リンクを削除しました。
以上

| | コメント (0)

コスキン2018行ってきた 個人的な日記

誘ってもらって、6人グループで演奏した。
ラテ研の後輩と名古屋の方々と。
大勢で演奏するのは久しぶりで、新鮮な感じがした。


(選択できるサムネイルに演奏中のものが出ない。笑)

全員が集まった練習は1回だけだったけれど、その割にはまとまった演奏ができているだろうか?
もうちょっとできたと思うところがある。
やはりリズムが大切で、そこで演奏の質がものすごく分かれると思う。
集まれる回数が少なかったので、BPMを確認して、
各自メトロノームで練習しましょうね体制にしておけば
もう少し良くなったんじゃないかなーという気がする。
ちなみに僕のiPhoneのホーム画面にはメトロノームアプリが置いてある。
さっきそうしたんだけど。

あとボンボにマイク当てた方が良かった。音量的にも音質的にも。
2曲目はエレキベースが欲しいところであるが。
(練習の録音にベースを打ち込んでみたらなかなか良かった)

ともあれ、準備から本番まで楽しくできたというところは、とても大切なところだと思う。
グループのみんなに感謝。

個人的には、一番美味しいところでミスってしまったのが心残りだ。
難しいところではなかったんだけども、練習というより、それ以外の準備が足りてなかった。
何かルーティーンのようなものを準備しておければいいのかもしれない。

今後は一人で少しづつ、多重録音の練習をしていきたいと思っている。
エフェクターに詳しくならねば。

忙しいので、ライブに出るのはコスキンくらいでいいかなぁ。

最後に、コスキン関係者の方々へ心からの感謝を。

蛇足

使用カメラはCANONの家庭用ビデオカメラ。
SONY α7iiiを持っていったので4Kで取りたかったが、
長時間録画すると熱で停止する仕様のため、放置できるビデオカメラを使用。
知人が来ていたので頼んで録画してもらえば良かったな。
録音はSONY PCM-D100。
これ4年くらい使っているけど、とても気に入っている。
他のゲストなどの動画はα7iiiの4Kで撮ったのがあるけど、
公開してアカウント停止喰らったら泣くのでどうしようか考え中。
Try?

| | コメント (0)

171112 最近の雑記

●チリから複数のチャランゴ奏者が来日か

facebookの情報によれば、来年にも複数のチャランゴ奏者が来日するらしいです。
チリにはいろいろ魅力的な奏者がいますが、一番最初に挙がるのがFreddy Torrealba氏でしょう。
いよいよ、彼が日本に来るのでしょうか。
数年前に彼とメールした際には日本に来たいと言っていましたので、
僕は来るのだろうと勝手に確信しています。
さて、来日に備えて僕は何の準備をしたらいいのか。
ひとまず少しだけでいいので会話してみたいなと、スペイン語の勉強を開始しました。
彼の曲もおさらいしておこう。

●桑原けんちゃんが金賞を受賞

ボリビアに住む健ちゃんが、アイキレのチャランゴコンクール国際部門で金賞を受賞したようです。

彼と知り合ったのは確か2001年か2002年くらいでした。
僕は当時、TOYO草薙さんの主催するチャランゴ研究会でチャランゴを習っていて、
健ちゃんともそこで知り合いました。
(彼はまだ10代で、僕も20歳そこそこでした)
同門が受賞して嬉しいです。

このコンクールで金賞を取った日本人は過去に数人いるけれど、
今後の活躍に期待ですね。
 

●同期の結婚式に行った

24時間通して行われる結婚披露宴フェスという企画で、房総半島の先っちょまで行ってきた。
演奏を聞いたり、踊ったり、走ったりした。
なぜ24時間もやるのかよくわからないけど、楽しかった。

会場には多くの人が来ていて、久しぶりに会う人が多い。
現役時代、チャラ研に通っていた民音の同期が来ていたんだけど、
彼はもうチャランゴを辞めてしまったらしい。
またやればいいのにと思うが、彼のモチベーションの上げ方が分からない。

●マラソンについて

26日に開催されるつくばマラソンに出場する予定で、
それに備えて、11月3日に30km走った。
長距離を走った時に、自分の体がどうなるのかがわかった。
なぜか左手が痺れる。これはたぶん水分が足りないんだろうな。
お腹が空く。ヨウカン2本食べたがまだ足りない。
もっと補給を考えようと分かり、いい準備になったと思う。

5月から少しずつ走ってきて、足回りの筋肉の付き方が変わってきた。
食事を見直し、ウエイトトレーニングを減らした。
その結果、ベンチプレス100kg上げてた時に比べて体重が10kg減った。

これで果たして完走できるだろうか。
それとも、走っている時に、何でこんなことしているんだろうと後悔するんだろうか。

●チャランゴで使う弦について

コスキンではAchaのハカランダにMedinaArtigasを張ったのだけど
時間が経ってだんだん音にハリが失われてきた気がする。
違うAchaにフロロカーボンを張っているものは時間が経つに連れ
音のトゲが取れてきて逆に良くなっている気配で、試しに録音すると、いい感じで録れた。
音色がかなり違うが両方好みであるので、この2本を並行して使っていこうかと。

●耳コピソフトについて

いままでiPadのmimiCopyというアプリを使っていたけれど、
iPadのタッチ操作をミスすることが結構あり、できれば物理キーボード(Mac)で、
ついでに動画をゆっくり再生しながら、耳コピできれば楽だなと思った。
見つけた。
Transcribe!というソフトだ。
Real Player7でも同じようなことができるが、耳コピのために作られたものではなく、
使いづらかったが、これはなかなか良いと思う。

僕の場合、いろんなチャランゴライブの撮影係をやらせて貰っていることもあり、
手元に抱負な動画があるのだ。
YouTubeに存在しない、巨匠Alfredo Cocaさんの手元がよく分かる映像も持っている。
が、やってみると細かすぎて、難しい。面白い。
ファイル 2017-11-12 22 42 05

| | コメント (0)

171014 最近の雑記

コスキンについて前回の日記でざっと書いたんだけど、もう少しメモしておきたい。

今回の僕の演奏は前回載っけたとおりだったんだけど、演奏に進歩がないように見える。
たぶん10年前にも弾けたことをやっているようにみえるし、その頃の課題が同じように残っている。
難しい曲、速い曲、変わった奏法を使っているときは、
それに注目を向けられるので、課題を誤魔化せていることが多い。
今回みたいな、シンプルな曲を演奏しているときのほうがアラが目立つ。

課題を認識していても、それを解決するための練習時間が取れないのがもどかしい。
コスキンの曲を暗譜できたのも1週間切ってからだった。
良くないね。
あと何年かすれば時間の問題は少し解消するのだと思うけれど。

それでも課題は少しずつ改善してきていると思っているので悲壮感はなく、
ゆっくり取り組めばいいやと思っている。

別の話題。

YOSHIOさんからの依頼を受け、TAKUYA&YOSHIOの動画をアップした。
これ。友人のab氏が撮影したものだそうで。

素晴らしい演奏の話はおいといて、この動画、画面が暗いんですよね。
そこが良くて。
ab氏は写真家でもあるので、カメラの設定を変更して、露出(明るさの設定)を
マニュアル(固定)にしているんだと思う。
コスキン会場のように、画面に黒が多くなりがちところだと、カメラが自動で画面を明るく調整しようとする。
そして、明るいところが白く飛ぶ。
この動画のような画面では、露出を固定するかマイナスに補正するかしないと
まず人の顔などが白く飛びますね。

動画に戻って、この1曲目のラストで証明の人が一瞬で明かりを落とすのがとてもいい。
照明の狙いと、カメラの設定が見事にマッチして、その後の暗闇が印象的になっている。

ちなみに僕は今回は露出をautoに設定して撮影しています。
露出を固定するのはリスキーなところもあるので今回はやめときました。
暗闇になってもカメラが自動で明るく映してくれる代わりに、場面が明るくなるとやや白飛びしてる。
画面の黒の量を極力減らすことで少し抑えているけど、客の黒いシルエットを入れたかったんですよね。臨場感でるので。

また別の話題。

会場にはチリからチャランゴ製作者の方が来ていた。
知人があのフレディ・トレアルバが使っているチャランゴを作った人だよと教えてくれたけれど、僕は結構なフレディマニアだ。
YouTubeに上がっている動画でトレアルバが使っているチャランゴの多くはキスペトレス工房製のものだ。
以前はカルロスキスペトレス、最近はペドロキスペトレスのチャランゴを使っていると思われる。
(僕はカルロスキスペトレスのトレアルバモデルを持っている)
唯一それ以外のチャランゴを使っているという覚えがあるのがこの動画である。


コスキンに来たチリの方が作ったというのはこのチャランゴなのかもしれないと思っていた。
(あれ?改めて動画を見てみるとチャランゴのデザインがまた違うような)
と思って調べたらこちらのチャランゴですね。

会場でチャランゴが売られており、少しだけ触らせてもらった。
混雑していたので十分に触れなかったが、最近高いのを買ったばかりで
また新しいのが欲しくなると大変なので少しでやめておいた。
どなたか購入したのかなー。

またまた別の話

コスキンで使われていたマイクは(よく見てなかったから正確ではないけど)SHUREの58だったと思う。
これを通すとチャランゴの音の甘さが失われるんですよね。
僕のチャランゴの音色が伝わりにくいなと動画を見て思った。
まー殆どのライブ会場で使用されてるマイクなので仕方ないんだけど。
あと、僕のチャランゴはエレアコ仕様でラインで音出ししてみたいなと思っていたんだけど、
サブステージにも所用で出られなくなり夢は破られた。
僕のエレアコ、ウクレレの音をシミュレーションしたものを混ぜることができて面白いんですよ。
実戦で使ってみたいな。

またまたまた別の話

車のガソリン代は多分片道2500円程度だった。
高速代入れて考えると、一人で行ったとしても新幹線で行くより安い。かかる時間も変わらない。
しかし特に日帰りは体力的に辛いものがあった。
今回は同乗者にも運転してもらって助かったが、来年からは泊まりか、やはり新幹線が安定だと思う。
できれば泊まりにはしたい。

今度はコスキンから離れてぜんぜん別の話。

書き忘れていたんだけど、9月の下旬に渋谷で行われたイベントに行ってきた。
DTMをやる女性二人が企画したものだ。
サウンドアンドレコーディングマガジンという雑誌で1人の方が連載をしていて、
そこで企画を知り、内容よくわからないうちから予約を入れた。
その方を知ったのは、矢野顕子さんとのライブを動画で配信していたからだ。
シンセサイザーを使いこなしていて、カッコイイ。
ちょうどシンセサイザーで遊び始めたところだったので、お勉強になるかなと思い行くことにした。
その場で曲を作りますという触れ込みだったのだけど、前半はそれぞれの方のライブだった。
面白い。
ギターとベースが男性で、ボーカル(とシンセ)とドラムが女性。
面白い。
もう一人の方はアイドル的なルックスで、ソロ。アイドルオタクのような客が数人入っていたことに気づいた。
面白い。
単に音楽を聴いてくれって感じではなく、女性的なアプローチで、それも見てくれという感じ。
それが彼女の楽しみ方で、売り方なのだろうなと。
カメラ構えている人がいきなり増えてびっくりしたけど、写真に撮ってsnsに上げてね的なことを言っていたので
僕も持っていけば良かったかなー。きれいな人だった。
曲作りだけのイベントだと思って行った僕には新鮮な刺激だった。
曲作りの方は、op1というハードを使ったもので、Logicを使うとばかり思っていた僕には
少し肩透かしだったけれど、op1使っているところが見られたのも面白かったし、まあよかった。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧